育児向けオイルヒーター

オイルヒーターは、赤ちゃんにとってウイルス感染の原因になる空気乾燥がなく、じんわり優しく体を暖めてくれる暖房器具です。

オイルヒーターのなかでも、育児ママが扱いやすく、赤ちゃんへの安全性も高いデロンギとユーレックスのオイルヒーターを紹介します。育児家庭にお勧めしたい便利な機能と特徴もまとめました。

オイルヒーターは取扱商品が少なく、1つの店舗で比べて購入することが難しいこともあり、インターネットや雑誌の口コミ、メーカーのホームページでの機能紹介が役立ちます。

デロンギ・ドラゴンデジタルシリーズ

デロンギ(De'Longhi)のドラゴンデジタルシリーズは、エコ機能が搭載された従来の「オイルヒーターは電気代がかかる」という悩みに対応したオイルヒーターです。赤ちゃんのいる家庭では、室内で過ごすことが多いので安心かつ経済的な暖房器具が理想的です。

ドラゴンデジタルシリーズのオイルヒーターは、エコ機能を使うと設定温度よりも少し控えめな温度で暖めることができます。設定温度はデジタルなので、操作が簡単です。

エコ機能は様々な暖房器具に搭載されている人気機能なので、その他のママに安心なポイントを紹介します。

1つめは、チャイルドロック機能です。デジタルのディスプレイは色のついた数字が表示され、赤ちゃんにとってとても興味深い物です。指での操作も、おもちゃとして遊びたくなりますが、ドラゴンデジタルシリーズはチャイルドロック機能が搭載されているので安心です。

2つめは、デロンギが特許取得済の安全性を高める仕様です。電源プラグ周辺が80度以上に異常加熱したときは、安全プラグが自動的に働いて電源をオフにします。この機能がドラゴンデジタルシリーズにも搭載されているので育児に慌ただしいママには安心できるポイントです。

参考:デロンギ・ドラゴンデジタルシリーズスペシャルサイト←トップページ上部の「ユーザーボイス」には産婦人科モニターレポートがあります。ママにとっては安心できるレポート結果です。

(楽天)
丸デロンギ ドラゴンデジタル
(Amazon)
丸デロンギ ドラゴンデジタル空

ユーレックス・GRシリーズ

ユーレックス(eureks)は国産ブランドのオイルヒーターを製造しています。海外製品よりも国産の安心感を求める家庭に対応できるオイルヒーターです。

カラフルなGRシリーズは、丸みがあって可愛らしい色で、赤ちゃんのいる部屋に合わせやすいデザインです。目覚まし機能もついていて、あったらいいと思う機能が多いオイルヒーターです。

可愛らしいデザインだけではなく、家計を考えたお勧めしたいポイントも紹介します。

1つめは「マイタイマー」と呼ばれる各家庭に合わせたオリジナルタイマー設定です。マイタイマーは15分ごと(製品によっては1時間ごと)に温度設定ができます。

起床前に温度設定をしたら、今度は買い物やお散歩から帰る時間帯にまた温度設定をして、就寝時にはオフになるといった各自のライフスタイルに合わせたタイマー設定が便利です。

2つめは室温センサーの搭載です。センサー機能で、部屋の設定温度に合わせた運転をします。室内が暖まってきたら、設定温度を維持する控えめな運転になるので、暖まりすぎて慌てて電源を切る心配がありません。

赤ちゃんの過ごす部屋は温度と湿度のバランスを大切にしたいので、センサーでそのお手伝いをしてもらうことができればママも安心です。

参考:eureks・国内唯一の国産オイルヒーター製造メーカーサイト←処分しにくいオイルヒーターですが、ユーレックス製品は廃棄処分や愛情点検も行っています。問合せ先が明確で安心できます。

(楽天)
丸ユーレックス GR
(Amazon)
丸ユーレックス GR空

オイルヒーターは電気代がかかる?

オイルヒーターはその他の暖房器具と比較して、電気代が高くなるというイメージがあります。ただ、このイメージはオイルヒーターが使用され始めてからずっと指摘されていることです。現在は、初期よりもエコ機能が搭載されて、マイコン制御など新しい機能も加わっています。

部屋を暑いくらいに暖めようと思ったら。オイルヒーターだけでは時間がかかるので、電気代もかかって不向きです。

でも赤ちゃんは、暑いくらいの室温よりもほんわか暖かい程度の室温が理想です。ほんわか暖かい室温を維持するには、オイルヒーターが向いているのです。

しかも空気が汚れず、暖房に対する空気清浄機も不要で、石油ファンヒーターのように灯油を購入して補充する必要もありません。

オイルヒーターを維持していくうえでかかる費用をトータルで考えると、必ずしも赤ちゃんのいる家庭にとってお金のかかる暖房器具とは言い切れません。

オイルヒーターのタイマー機能や室温設定を、かしこく利用しましょう。エアコンで早く暖めた部屋を。今度はオイルヒーターで室温維持して過ごすなど、暖房器具は工夫次第で節電することが可能です。

参考:デロンギ・オイルヒーター「家族deほんわか暖房」←電気代が計算できるページです。実際の部屋の大きさに合わせた算出で、現実的なオイルヒーターに費やす電気代を考えます。

丸赤ちゃんとオイルヒーターはこちら→