赤ちゃんとオイルヒーター

オイルヒーターは、赤ちゃんが生まれて初めて購入を考える家庭も多い暖房器具の1つです。

赤ちゃんのことを考えると静穏性に優れ、換気やオイル補充の必要がないオイルヒーターは、赤ちゃんに優しい暖房器具だと気がつきます。オイルヒーターの効果的な取り入れ方と、実際に育児で使用した感想をわかりやすく紹介します。

部屋を優しく暖める

オイルヒーターは、石油ファンヒーターのように急速に熱い温風で部屋を暖めるのではなく、じんわりと優しく部屋を暖めます。

石油ファンヒーターは点火して間もなく温風で部屋が暖まることが解りますが、オイルヒーターは室温を徐々に上げていくと考えてください。

そのため効率が悪いと感じることもありますが、暖め方が優しいので、気がつけば部屋が寒く感じない室温になっています。

これは気温の変化に敏感な赤ちゃんには良いことです。体温調節が不十分なために気温の急変に体がついていかない赤ちゃんも、オイルヒーターの優しい暖め方には対応しやすいからです。

ただ、優しい暖め方にはデメリットでもあります。部屋全体が暖まるには他の暖房器具よりも時間がかかるという意見もあります。朝晩の冷えなど、ゆっくり暖まるまで待つ時間がない場合もあるので、早く暖めたい時は他の暖房器具との併用も考えます。

一酸化炭素・二酸化炭素の発生が無い

オイルヒーターとは、ヒーター内の難燃性のオイルを電気で暖めて循環させて、その熱を放熱する暖房器具です。つまり、何かを燃焼させて暖める方法ではありません。だから一酸化炭素も二酸化炭素も発生しないのです。

一酸化炭素や二酸化炭素は空気中に増加すると、酸素不足になって中毒を引き起こすことがあります。でも、オイルヒーターは一酸化炭素も二酸化炭素も発生させないので空気が汚れることも少なくて安心です。

赤ちゃんにとって、空気の汚れは喘息の発端にもなるのでママにとって、空気を汚さず暖めるオイルヒーターは安心感があります。

オイル補充が不要

オイルヒーターの中のオイルは燃やされて気化しないので、内部のオイルを定期的に補充したり交換する必要がありません。

灯油を扱う場合は足りない分の灯油を補充しますが、臭いも強く独特なうえに、可燃性の為扱いには充分な注意が必要です。

その面から考えると、オイル補充や交換のないオイルヒーターは安全性が維持しやすいので、子どものいる家庭には安全性が評価されています。

温風でホコリが舞い散らない

オイルヒーターは、熱で空気を暖めるので温風や風を利用しません。最近は温風ファンの併用ができるオイルヒーターもありますが、基本的にはオイルを燃焼させて温風を出す暖め方ではありません。

赤ちゃんにとって、温風は空気を乾燥させたりホコリを飛ばすものです。特に床から近い場所で過ごす赤ちゃんは、床から舞い上がるホコリの影響を受けやすく、喘息やアレルギーの発端になりかねません。

お昼寝中や、ずりばいの好きな低月齢の赤ちゃんも、温風でホコリが舞う心配をせずに過ごせます。

移動式が多いので1台をフル活用

オイルヒーターの多くは移動式にキャスターがついています。ママ1人で移動させることができるものがほとんどなので、赤ちゃんの過ごす場所に合わせて簡単に移動させることができます。

オイルヒーターは音の静かなものが多く、一酸化炭素・二酸化炭素の発生もないので換気できない就寝時の寝室でも使用できます。日中はリビングで、夜は寝室に移動させれば何台も購入せずフル活用できます。

ただ、延長コードの使用が推奨されていないので各部屋でコンセントの近くに置くことになりがちです。

ヤケドしにくい

はいはいで移動ができるようになった赤ちゃんは、なんでも触って確かめます。歩き始めた赤ちゃんは、手すり代わりになるものに手を置いて移動します。

どちらもオイルヒーターを触ることは避けるように注意しますが、まんがいち触ってしまっても、オイルヒーターの多くはヤケドしにくい構造になっています。

もちろん、ずっと触り続けたり真横にいたら低温やけどの心配はありますが、石油ファンヒーターの温風出口のように高温になりません。

部屋の密閉性に左右される

オイルヒーターの暖めは、その部屋の密閉性に左右されます。大きな窓や、扉の開閉が多い部屋では暖まるまでに時間がかかります。これは、オイルヒーターの熱で暖めた空気が循環している中で冷えてしまうからです。

ちょっとデメリットですが、これは断熱材の入っている部屋で使用したり、大きな窓のカーテンを厚めにして防寒対策をしたり、部屋を暖めるまではドアを開けっ放しにしないように気を付けるなど工夫次第で緩和されます。

赤ちゃんとオイルヒーター体験談

育児中にオイルヒーターを取り入れた時は、コンセントがベランダの大きな窓の近くだったので、大きな窓のそばにオイルヒーターを置いていました。その結果、窓側はほとんど暖まらないようでした。オイルヒーターを置く場合は、換気場所から少し離した方が暖めやすいとわかりました。

喘息が心配だったので、空気を汚さないメリットは外せません。ファンを使用せず静穏性が高いオイルヒーターは、ねんねの多い低月齢の赤ちゃんには便利でした。

同じ大きさの暖房器具と比べると少し購入予算はかかるかもしれませんが、電源を落とした後も換気を控えれば(換気の必要性が低い)しばらく、じんわり暖かい室温が続き、就寝時にも活躍できる暖房器具です。

丸育児向けオイルヒーターはこちら→