赤ちゃんによい暖房って?

赤ちゃん寒い季節は、室内で過ごす時間が増えます。赤ちゃんの喉や、呼吸器官にも影響を与えないで体を温めてくれる暖房が理想的です。家庭で用意する暖房器具のメリット・デメリットを挙げながら、赤ちゃんにお勧めの暖房器具をわかりやすく紹介します。

赤ちゃんの体温維持に暖房は必要だけど、空気の乾燥でウイルスが増えたり、喉を痛めるのは避けたいというのがママの悩みです。暖房器具選びを、赤ちゃん目線でもチェックしてみましょう。

ホットカーペット

赤ちゃんがホットカーペットを使用する時のメリットを考えました。
・暖めたい場所を指定できる。
・カーペットカバーを洗えば清潔に使える。
・温風が出ないから赤ちゃんの場所も自由。
・温風による空気の乾燥や、ほこりが舞うことが無い。
・低温、高温の調節ができるから都合に合わせて使用。

反対に、赤ちゃんにとってのデメリットも考えました。
・寝ている赤ちゃんは肌を温め過ぎてしまう。
・決まった場所しか暖めることができない。
・スイッチが床面なので、赤ちゃんの手が届いてしまう。

ホットカーペットは、お座り・はいはい以降の床で遊ぶ赤ちゃんに向いています。

ねんねの赤ちゃんは、ホットカーペットに直に寝かせるとカーペット面にあたる肌が温まりすぎてしまわないかと不安です。赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄いので、低温やけどが心配です。

アレルギーや喘息に悩む家庭では、温風を出さないホットカーペットが便利です。アレルギーや喘息の赤ちゃんは、エアコンやヒーターからでる温風で喉を乾燥させることが心配だからです。

(楽天)
丸ホットカーペット
(Amazon)
丸ホットカーペット空

オイルヒーター

赤ちゃんがオイルヒーターを使用する時のメリットを考えました。
・部屋全体を暖めることができる。
・暖め方が優しいので、暑くなり過ぎない。

・ファンヒーターにありがちな灯油臭さがない。
・温風が出ないから赤ちゃんの場所も自由。
・温風による空気の乾燥や、ほこりが舞うことが無い。
・低温、高温の調節ができるから都合に合わせて使用。

反対に、赤ちゃんにとってのデメリットも考えました。
・部屋の暖めに時間がかかると感じることも。
・暖房器具のなかでは、ちょっと高めの値段設定が多い。

オイルヒーターは赤ちゃんのいる家庭になって初めて購入するママも多いようです。大人には、値段の割には急速に部屋が暖まらないことが物足りないと感じることもあります。

でも、赤ちゃんと過ごすようになって部屋を暖めるだけではなく、赤ちゃんのデリケートな体や空気にダメージなく暖めたいと考えるようになります。オイルヒーターの優しい暖め方は、赤ちゃんへの配慮と安心感があります。

(楽天)
丸オイルヒーター
(Amazon)
丸オイルヒーター空

石油ファンヒーター

赤ちゃんが石油ファンヒーターを使用する時のメリットを考えました。
・部屋を暖めるパワーが強い。
・スイッチを入れてから温まるまでが速い。
・暖房器具の中ではランニングコストが安く経済的。
・短時間で温まるので電気代節約にもなる。

反対に、赤ちゃんにとってのデメリットも考えました。
・温風の出口が赤ちゃんの顔や体と同じ高さ。
・温風が強いので、赤ちゃんが直に当たると温まりすぎる。
・温風の出口や排気口が汚れていると空気が悪くなる。
・温風の出口に手指やおもちゃをいれると危険。

石油ファンヒーターは広めの部屋でも急速に暖めるところが魅力です。そのわりには、灯油と電気代は短時間で安く済むので経済的な暖房器具です。

ただ、赤ちゃんのいる家庭では灯油を買いに行ったり、補充することが手間だと感じてしまいます。灯油を扱うと、独特の強い臭いも気になります。

(楽天)
丸石油ファンヒーター
(Amazon)
丸石油ファンヒーター空

床暖房

赤ちゃんが床暖房を使用する時のメリットを考えました。
・排気がないから空気が汚れない。
・器具がないから場所をとらない。
・部屋全体を暖めることができる。
・暖め方が優しいので、暑くなり過ぎない。
・温風が出ないから赤ちゃんの場所も自由。
・赤ちゃんが誤ってヤケドする心配がない。

反対に、赤ちゃんにとってのデメリットも考えました。
・床暖房が入っていない場合、工事が必要。
・故障した時の修理費用がかかる。

赤ちゃんにとって床暖房のメリットは大きく、場所も取らないうえに温風や排気のないぶん、暖房による怪我の心配もありません。

ただ、これから床暖房を取り入れるとなるとリフォーム工事など手間と費用がかかるのが難点です。

エアコン

赤ちゃんがエアコンを使用する時のメリットを考えました。
・部屋全体を暖めることができる。
・温風の強さを簡単に調節できる。
・風の向きを変えて、直接あたらないようにできる。
・1年を通して暖房、冷風など1台で済む。
・リモコンを管理すれば、赤ちゃんが誤作動させる心配がない。
・電気代節約や空気清浄など高性能が期待できる。

反対に、赤ちゃんにとってのデメリットも考えました。
・部屋の換気をしないと空気が乾燥しがち。
・家庭で完全な清掃がしにくい。
・部屋によっては取り付けしにくい場所も。

エアコンは1年を通して活用できるので便利です。でも、マンションや部屋の構造によっては、排気の問題でエアコンを理想通りに取り付けることができない場合があります。

エコ家電が増え、エアコンも従来よりも節電機能が期待でき、空気清浄やエアコン内の自動クリーニング機能があるエアコンもあります。リモコンが赤ちゃんの手に届かない場所で管理できるのも安心です。

ただ、高い場所に取り付けるのでこまめな清掃が大切です。エアコン上部にホコリがたまったままでは意味がありません。

(楽天)
丸エアコン
(Amazon)
丸エアコン空

どの暖房を選ぶ?

赤ちゃんの使用する暖房器具のメリット・デメリットは、それぞれあります。どの暖房器具も良いところが沢山あります。

ママにとっては、赤ちゃんの過ごしやすさ・安全性・扱いやすさが気になります。寒い季節は毎日使用するものなので、妥協せずに選びたいものです。

それぞれのメリットで1番外したくないものや、デメリットでどうしても我慢できないところを挙げてみましょう。インターネットの使用感想や口コミも、実際の使用感がわかるので参考にしてください。