赤ちゃんにやさしい保湿剤の使いかた

赤ちゃんの肌をやさしく守る保湿剤の効果的な使いかた。保湿剤を塗るタイミングや、保管方法もわかりやすく説明します。

肌を清潔にしてから

赤ちゃん赤ちゃんの保湿はベビーオイルや乳液、クリームなど様々ですが、どの保湿剤を使うときも必ず肌を清潔にしてからが基本です。赤ちゃんの肌が汚れたまま保湿剤を塗ると、成分によっては汚れ部分の効果が低くなってしまったり、汚れを保湿剤と一緒に肌に停滞させてしまうことがあります。

赤ちゃんの場合は、ベビーパウダーの上に保湿剤をのせることで毛穴を詰まらせてしまったり、日焼け止めの上に保湿剤をのせることで効果が半減することが心配です。

もともと赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなので、汗が残っているだけで汗疹(あせも)が発生して赤くなったり痒くなったりするものです。汗の残った肌に保湿剤をかぶせることも避けてください。

入浴後がおすすめ

赤ちゃんの保湿をするタイミングは、入浴後がおすすめです。先に説明しましたが、まずは肌が清潔であることが基本なので、お風呂あがりなら日焼け止めなど肌に残りやすいものが洗い流されていてちょうど良いのです。

商品によっては肌が濡れた状態だと、含まれているオイルが水ではじかれます。肌が濡れたままだと体も冷えやすいので、まず体をしっかり拭いてから保湿剤を塗ってください。

赤ちゃんの肌もやわらかいので、保湿剤がよく伸びます。手首や首のシワも伸ばしやすいので全身の保湿ケアができます。特にシワは汚れがたまりやすいので入浴後の汗をかく前に塗ってください。室温や機嫌など条件が揃っていれば、保湿剤を塗りながらマッサージをしてコミュニケーションをとりましょう。

入浴後の赤ちゃんは運動をした後と同じような状態です。のどが渇いているので水分補給も忘れないでください。

パッチテストも忘れずに

赤ちゃん向けの保湿剤は、肌にやさしく刺激のすくない成分が選ばれています。それでも赤ちゃんの皮膚はいろいろな成分に慣れていないので、はじめてつかう商品はパッチテストをしたほうが安心です。

赤ちゃんの肌にパッチテストをするときは、保湿剤を目立たない部分に塗って24時間様子をみます。赤く腫れたり、かゆくなるときは肌に合わない可能性があります。

ママの手のひらでやさしく

赤ちゃんの肌には、ママの手のひらで保湿剤を塗ります。ママの手のひらで保湿剤の量を調節しながら塗りましょう。円を描くようにクルクル塗ります。ママの手のひらと指を使ったほうが、赤ちゃん特有の肌のシワや塗りにくい部分も保湿剤を行きわたらせることができるのです。ママ自身も、手のひらが保湿されるメリットもあります。

やさしく塗りながら、赤ちゃんの肌に異常がないか確認することも忘れないでください。赤ちゃんは皮膚が薄いので、自分の爪でひっかき傷をつくることもあります。保湿剤のなかには傷口をさけるように注意書きがある商品もあります。使用前に確認してください。

保湿剤の容器は清潔に

赤ちゃんの肌やママの手のひらを清潔にしても、保湿剤の容器が汚れていると雑菌が繁殖している保湿剤を赤ちゃんの肌にのせることになります。チューブやボトルの注ぎ口は使い途中の保湿剤が固まって残ったり、開封後にホコリがつきやすいので汚れたら拭き取ってください。放置すると、そこから雑菌が繁殖します。

忘れがちなのは保管状態です。ほとんどの保湿剤は直射日光に当たり続けると成分が変化しやすいので、直射日光が当たらない場所に置きます。高温になりやすい場所、火の近くも避けてください。

保湿剤の本来の効果を得るためには、開封後は早めに使い切ることをおすすめします。どんなに保管状態に気をつけていても、だんだん雑菌が発生するので大きなボトルで何年も使うよりは、小さいボトルで1~2ヶ月程度で使いきるほうが安心です。他にも商品ごとに注意事項がないか、説明書きや記載事項はチェックしてから使用しましょう。

大人用は使わない

保湿効果のある乳液や化粧水、クリームは大人向けのほうが成分が豪華に見えます。ただ保湿剤の成分を安定させるために使用している他の成分が、赤ちゃんの肌に余計な刺激を与えることがあるので気をつけてください。赤ちゃんの肌に使う保湿剤は、赤ちゃんの肌向けに作られたものを選んだほうが安心です。

関連:ベビーオイルの保管方法