ベビーパウダーの選び方

ベビーパウダーは予算的にも手に入れやすいので、ママの好みが反映されやすい商品です。なかには、ベビーパウダーは赤ちゃんの肌に直接触れるので、信頼できるメーカーの商品しか使用しない人もいます。

ベビーパウダーは値段で決める人もいれば、気になる人は、成分もチェックします。ベビーパウダーは、赤ちゃん商品のメーカーの中でも主成分が異なるので購入前にチェックしましょう。

最近はアロマや、リラックスできる香りのあるベビーパウダーもあります。使用する赤ちゃんだけではなく、お世話しているママのリラックスも期待できます。

外出先でのおむつ交換でも使用したい人は、持ち運びしやすい容器やパフをセットで携帯できるタイプが人気です。粉タイプのベビーパウダーの場合は、バッグの中で飛び散らないように気をつけてください。

固形タイプのベビーパウダー

固形タイプのメリット

固形タイプのベビーパウダーの良いところは、粉が飛び散りにくいので吸引の心配もなく、周囲が汚れる心配も少ないところです。

赤ちゃんの上半身や首にベビーパウダーを使用する時は、粉状のベビーパウダーを赤ちゃんが吸引する心配があります。

赤ちゃんの上半身や首にベビーパウダーを使用する時は、粉が飛び散りにくい固形タイプが安心です。固形タイプのパウダーは、パフをクルクル回すようにしてパウダーをパフに付着させます。こうすると、少量でもパフ表面にまんべんなくベビーパウダーがつきます。

上半身や首にはベビーパウダーを使用する時の粉の飛び散りを防ぐために、少量ずつ使用します。肌に乗せる時は、パタパタとはたくよりはポンポンと低い位置で軽く肌を押さえるように使用してください。

赤ちゃんの首や顔周りで、吸いこみが心配な時は、固形のベビーパウダーをパフにつけた後、ママの手のひらにパウダーを乗せてください。

ベビーパウダーをつけたママの手のひらで、赤ちゃんの肌をなでると、赤ちゃんの肌にもうっすらとベビーパウダーを乗せることができます。特に生後3ヶ月までは、ベビーパウダーの吸引を防ぐために、ママの手を介する方法が安心です。

固形タイプのデメリット

固形タイプのベビーパウダーで不便に感じやすいところは、広範囲の使用に向いていないところです。たっぷり使用したい時は、固形タイプより粉タイプが便利です。

固形タイプのベビーパウダーを広範囲で使用したい時は、何度もパフにパウダーをつけ直す必要がでてきます。たくさん使いたい時は、固形よりも粉タイプの方が簡単です。

ただし、使用範囲に限らず、固形タイプの方が粉の吸引の心配が少ないので、首回りや上半身では固形タイプのベビーパウダーがお勧めです。

(楽天)
丸ベビーパウダー 固形
(Amazon)
丸ベビーパウダー 固形空

粉タイプのベビーパウダー

粉タイプのメリット

粉タイプのベビーパウダーの良いところは、広範囲にたっぷり使用でき、一度でパフにたっぷりのベビーパウダーをつけることができます。赤ちゃんのおむつ交換時、手早くおしり全体にベビーパウダーを使用したい時は粉タイプが便利です。

粉タイプのベビーパウダーは、おしりや足といった下半身に適しています。特に寝返りを始めた赤ちゃんは下半身をすぐねじって移動したがります。肌ケアがゆったりできない時は、パフで素早くベビーパウダーをつけてあげましょう。

粉タイプのベビーパウダーを使用する時は、パウダーの上からパフを垂直に置きます。軽く置くだけで、パフに沢山のベビーパウダーがついてくれます。

粉タイプのデメリット

粉タイプのベビパウダーで不便に感じやすいところは、粉特有の散らばりです。軽くパフを肌にのせただけでも、ベビーパウダーの粉が飛び散ります。赤ちゃんの吸引が心配な上半身には使いにくいのが難点です。

(楽天)
丸ベビーパウダー
(Amazon)
丸ベビーパウダー空

パフの選び方

・広範囲には毛の長いパフ。
・首回り、上半身には毛のないタイプ。
・家庭で洗いやすいシンプルなデザインが便利。
・ママの手を入れる部分や持ち手があると便利。

ベビーパウダーのパフは、粉タイプの場合は毛の長いフワフワしたパフが向いています。これは粉をしっかりキャッチする為です。一度にたっぷりのベビーパウダーを、パフに含ませることが出来るので広範囲に使用したい時は便利です。

上半身に使用する固形タイプのベビーパウダーには毛のないパフが向いています。固形タイプは、パフをちょっと押すようにしてパウダーをつけるので、毛の長いパフはすぐ型崩れします。毛の無いパフのほうが、粉を飛び散らせずに肌にのせることができます。

ベビーパウダーに使用するパフに共通して、お手入れのしやすいパフが便利です。赤ちゃんの肌にベビーパウダーをのせるだけでも毎日使い続けると、汚れがたまります。パフを、ぬるま湯で手洗いして陰干しすれば、赤ちゃんの肌に触れるものを清潔に保てます。

関連ページ

丸ベビーパウダー基礎知識
丸ベビーパウダー活用法