あせも対策、だいじょうぶ?

梅雨から夏にかけて、あせも対策をはじめていますか?真っ赤になると目立つ首、なかなか解消しないてのひら、おむつ交換で困る足のつけ根のあせもについて。今すぐ実践してほしい、家庭のあせも対策も紹介します。

あせものできやすい場所を再チェック

赤ちゃんのあせも

あせものできやすい場所を、もう一度おさらいしましょう。

赤ちゃんの体のほとんどは、あせものできやすい場所です。ここでは、多くのママが悩んでいるパーツをピックアップして紹介します。実際に赤ちゃんの肌をチェックするのも忘れないでください。

首の周辺

首は洋服も着ずに、常に空気に触れるのにあせもができます。これは赤ちゃん特有の、首の幾重にもなっているシワが原因です。

どんなに空気に触れていても、首のシワ部分は汗で湿ったままです。ママがやさしくシワを伸ばして、奥にたまった汗や皮脂汚れを取り除いてあげましょう。

どんなに涼しい場所にいても、シワの奥の古い汗や皮脂汚れが残っていたら、雑菌が繁殖したり、隠れた場所にあせもが発生します。

低月齢の赤ちゃんは、ねんねの時間が長いので後頭部から首にかけてもチェックしてください。首後ろは意外と目につかないので、あせも治療も遅れがちです。

首周辺をピックアップした理由は、あせもが発生すると、とにかく目立ってしまう場所だからです。悪化して真っ赤になった首は、見ていても痛そうだったり不快感が強いので、注意してケアしてあげたい場所です。

手のひら

手のひらは、いつも目につくので清潔だと思っていませんか?赤ちゃんは手のひらにも、いっぱい汗をかいています。

特に低月齢の赤ちゃんは、手をギュッとにぎるクセがあります。汗をかいたまま、手のひらが蒸れているので、いつのまにかあせもが発生します。

指しゃぶりの多い赤ちゃんも要注意。指しゃぶりのよだれが残っていたり、湿った手指にホコリが付着して、あせもを誘発してしまいます。

手のひらのあせもに苦戦するママが多い理由は、どんなに気をつけても指しゃぶりや、握りクセまでは変えることが困難だからです。ママがこまめにチェックするほかありません。

足のつけね、股部分

足のつけね(股部分)は、おむつのゴムが当たっている場所です。つねに蒸れやすく、ママの目もおむつ交換時にしか行き届かないため、いつのまにか赤くなってしまうのが心配です。

足のつけ根のあせもが心配な理由は、毎回のおむつ交換で赤ちゃんが不機嫌になってしまう可能性があるからです。あせものせいで、足を動かしにくく感じたり、おむつを嫌がる赤ちゃんもいるのです。

今から実践!あせもを作らない肌ケア

今すぐに心がけてほしい、あせも対策につながるポイントです。

汗を放置しない

簡単そうで難しいのが、汗を放置しないことです。

あせも対策汗をかいたら、シャワーで洗い流すことがおすすめですが、そう毎回できることでもありません。手のひらや、足裏など簡単に洗い流せる部分は、可能なかぎり洗い流してください。

かわりに肌に柔らかいタッチのタオルや、ガーゼで拭きとってあげましょう。肌のあたりが硬くてゴワゴワしているタオルは、逆に肌表面を傷付けてしまうので赤ちゃんには不向きです。

もしも硬めのタオルを使用するときや、何度も同じ場所の汗をふき取って肌に負担をかけているときは、ぬるま湯に浸して軽く絞ってから使います。そのあと、もう少し硬く絞って、濡れた肌表面をポンポンと軽くたたくように水分を取りのぞいてください。

ねんねの赤ちゃんや、夢中になって遊ぶ赤ちゃんの背中には汗とりガーゼを1枚挟んでおきます。汗をかいたら、最初は背中のガーゼを抜き取ります。こうすることで、長時間の汗放置を少し緩和させることができます。

肌を乾燥させる

汗をふき取ったあとは、肌を乾燥させてあげることが大切です。風通しをよくして自然乾燥させると、肌にもやさしく赤ちゃんも心地よいものです。

おむつを当てる場所にはベビーパウダーで、摩擦を緩和させます。汗を残したままだと、また蒸れてしまいます。

すぐに汗をかいてしまう部分には、桃の葉ローションをコットンに含ませてパッティングします。ベタベタ肌になることを予防します。

汗をかきにくいベビー服

あせものできやすいデザインは避けましょう。吸水吸湿に富んだ綿やガーゼ生地がおすすめです。浴衣やじんべえに使われるリップル生地も風通しが良いので、蒸し暑い日に向いています。

画像のあせもができやすい部分を締めつけるベビー服よりは、あせもできやすい部分を締めつけないベビー服のほうが快適です。

袖口や首まわり、ウエスト部分がぴったりフィットしているデザインも、熱を放散しにくく蒸れやすいので注意してください。

丸あせも対策についてもっと詳しい記事を書いています→