夏のおむつかぶれ

おむつかぶれは、季節に関係なく現れる皮膚トラブルです。特に気温の高く、蒸し暑いこの夏は要注意です。真夏は、おむつかぶれの進行が早いので、ママのケアで悪化を防いであげましょう。

おむつかぶれの初期症状

赤ちゃんのおむつ交換で、おしりの状態をチェックしてください。以下の症状に当てはまるようなら、おむつかぶれになる可能性が高くなっています。

・おしりにピンク色や、赤っぽい部分が現れる。
・小さなニキビのような、プツプツが出来ている。
・おむつ交換をする時、おしりが濡れてべたついている。
・おしりを拭く時、赤ちゃんが痛がるような泣き方をする。
・おしりの濡れた部分がサラッとせず、べたつく濡れ方をしている。

おむつかぶれが悪化すると・・

おむつかぶれが改善されずに進行すると、痛みを伴う悪化症状が現れます。これらの症状が見つかったら、簡単に治すことも難しくなります。

・股からおしりにかけて、肌が真っ赤になる。
・お尻が乾燥できず、ジュクジュクしている。
・炎症を起こしている肌から透明の液体が出ている。

・皮膚が刺激に敏感になって、オムツのギャザーが当たるだけで出血する。

・湿疹のような赤いブツブツが増えて、おしり拭きで触れるだけでも痛がる。

おむつ交換は頻繁に

ベビーパウダー赤ちゃんのおしりを濡れたままにしないことも、おむつかぶれを防ぐポイントです。気温の高い季節は汗をかきやすいので、肌が湿りやすいのが難点です。

おむつが汚れていると、デリケートな赤ちゃんの肌は、すぐに影響を受けてしまいます。湿疹ができ始めたら、おむつ汚れの影響を受けていると思ってください。

おむつ交換のあとは、おしりにベビーパウダーを使用することも多いのですが、この時は必ず乾いた肌に使用してください。

おしりの換気を心掛けて

暑い時期のおむつかぶれを防ぐためには、頻繁に新しいおむつに交換してあげることが大切です。

おむつを交換してあげることで、おむつと肌の間の空気を換気をします。どんなに最新のおむつでも、完全な換気は困難です。こまめに交換してあげることが、最善の換気法です。

おしりに空気をあててあげることで、赤ちゃんのおしりとオムツの間の空間もサッパリします。暑い夏に、お風呂からでてすぐに服を着ることができないように、おむつ交換時もちょっと換気の時間を設けてあげましょう。

おむつサイズのチェック

おむつサイズのチェックおむつかぶれになる部位で、見逃しがちなのが、おむつのギャザーがあたる太もものつけね付近です。

サイズの小さいオムツは肌とおむつの密着が強いので、おむつの汚れが肌につきやすく、おむつかぶれになりやすいのが難点です。

おむつのサイズがきついと、ギャザーに締め付けられて太もものつけね付近の肌が荒れてしまいます。赤ちゃんが動く度に摩擦で肌を痛めて、おむつかぶれを悪化させます。

もしも、赤ちゃんの足のつけねにギャザーの跡が残っているなら、おむつのサイズアップも検討してみましょう。

ただし、ブカブカ過ぎると、うんちやおしっこがギャザー部分で止まらずに漏れてしまうので、1度試してどちらが良いのか検討しましょう。

おむつのメーカーによっても、股周りのギャザーに差があります。足のぽっちゃりした赤ちゃんに向いているおむつや、太もものほっそりした赤ちゃんでもフィットするおむつ等、同じサイズでも赤ちゃんそれぞれに合うおむつがあります。

周囲との情報交換や試用で、赤ちゃんに合ったおむつを探してあげるのも、おむつかぶれを防ぐポイントです。