お座り補助グッズ

お座りをする時は、大人の椅子だと赤ちゃんに支えが足りなかったり、座る部分の座高が高いので転落が心配です。

赤ちゃんのお座りには赤ちゃん向けにつくられたアイテムが沢山あります。長く使えるものや、成長過程の短期間だけど片付けやすく邪魔にならないものなど様々です。

赤ちゃんに必要なものを見極めて、お座り補助グッズでお座りが安全で快適にできるようにしてあげましょう。特に離乳食を座って食べたがらない赤ちゃんは、お座りする場所が気に入らないことも考えられます。お座りグッズを試すと変わるかもしれません。

お座り補助グッズの選び方

お座り補助グッズを選ぶ時はいくつかのポイントをチェックしてください。

材質

赤ちゃんがなめてしまっても安全な素材や材質を選ぶと安心です。お下がりの場合は、塗装や飾りが取れて誤飲に繋がらないようにチェックしてください。

ネジや留め具の安全性

赤ちゃんの体重は軽いけれど、運動量は多く、大人が思ってもいない動きをします。そんな元気な活動にも耐えられるような安全性の高いつくりを確認してください。特に海外の製品は、日本の国内基準とは異なるので気をつけたいところです。

どこに置いて使うか

商品だけを見るとかわいいものでも、実際に取り入れたらじゃまになったりインテリアと合わないこともあります。実際にどの部屋で使うことが多くなるのか、シュミレーションしてください。

移動や折りたたみが必要か

引っ越す予定のある家庭では、持ち運びやコーディネイトしやすいタイプもお勧めです。ただ、一時的な使用なら値段と片付けやすさ、処分のしやすさも考えましょう。

価格と使用期間

お座り補助グッズには海外製品も多く見られます。ママが実際に商品を知って納得するデザイン、価格を見極めてください。

木製ベビーチェア

木で作られたお座りグッズは長持ちしやすく、インテリアにもなる商品が多いので一過性で使うのではなく長く使えるものを選ぶ時や、インテリアの邪魔にならないベビーチェアを選びたい時にお勧めです。

お座り補助グッズの材質は商品によって様々ですが、木で作られているものは仕上がりを確認してください。とがった部分が残っていては危険です。

木製ベビーチェアを選ぶ時はハイチェアーとローチェアーがあるので、家庭でどのテーブルに合わせるのか決めてから選びます。

木製ハイローチェアー

仕上がりが留め具が良ければ、木の椅子は長持ちするので、高さを変えられる木の椅子は長期間使用できます。子ども用の椅子も木で作られているものは丈夫です。成長過程で飽きたらペイントもしやすいので、日曜大工が好きなパパならアレンジのし甲斐があります。

座面の高さが変えられる時は小学生になっても座れる商品も多いので、飽きないデザインも考慮します。背もたれは木の硬さが気になることもあるので、お座りが成功してからの方が安心です。ベルトが付いていると落下の心配がありません。

軽いベビーチェア

軽いベビーチェアーはプラスチックのように手で運ぶのに便利な材質で作られています。赤ちゃんのいる部屋に移動させたり、おでかけ時には車で運べるデザインも多く見られます。

軽いベビーチェアーは流行もあります。価格に納得して流行に合わせたベビーチェアーを使いたい時にお勧めです。材質によっては長年使うと色褪せる部分もあるので、その時に必要な条件で選びましょう。

(楽天)
丸木製 ベビーチェア
(Amazon)
丸木製 ベビーチェア空

バンボのベビーチェア

バンボ(BAMBO)のベビーチェアーは、赤ちゃんが床にお座りする時の姿勢で座ることができる補助グッズです。

バンボ(BAMBO)のベビーチェアー赤ちゃんのお尻の丸みに合わせた座面はカーブがあり、角がありません。お尻がフィットするので、座った体勢が保ちやすく、月齢の低い赤ちゃんが左右に倒れることを防ぐサポートをします。

赤ちゃんは両足をまえに出した体勢で座るので床に座る時や、ママの膝で前向きにお座りする時と同じ姿勢を作ることができます。赤ちゃんにとって自然な体勢で座れることが、バンボの人気の秘密です。

価格も低価格で、色の種類も豊富なので選ぶ楽しさもあります。インテリア性が高いので出産祝いのプレゼントにも喜ばれています。

(楽天)
丸バンボ ベビーチェア
(Amazon)
丸バンボ ベビーチェア空

赤ちゃん用ソファー

赤ちゃん用のソファーは、大人のソファーがそのまま小さな子ども用に作られています。角がなく柔らかいので怪我の心配がない商品が多く、つかまり立ちでやつたい歩きでは、手を置く場所にもなります。

赤ちゃん用のソファーを選ぶ時は、月齢にも気を付けてください。転倒の恐れがある時は必ず傍についてあげられる場所に設置します。

赤ちゃん用ソファーの中には座面を引き出して簡易的な昼寝マットに早変わりできる商品があります。まだお昼寝の多い幼少期は便利です。幼稚園に入る頃には、自分で座って遊ぶことのできる居場所にもなります。