赤ちゃんの乾燥肌

乾燥肌

みずみずしい肌の赤ちゃんだって、乾燥することがあります。特に冬は肌表面の潤い不足が続きます。冬の赤ちゃん肌の乾燥原因と対策のコツと、手軽に使えるおすすめ商品を紹介します。

暖冬が続いていますが、冬に空気が乾燥したり、冷たい風が吹くことに変わりはないので、赤ちゃんの肌の乾燥には毎年気をつけてください。

暖房による乾き肌

赤ちゃんは自分で体温調節することが難しいので、気温の低い場所に薄着でいると体全体が冷えてしまいます。そのため、冬は暖かい環境が必要です。

でも、暖房や温め方によっては肌表面の潤いが奪われて、カサカサに乾いた肌になってしまいます。

例えば、以下の事例が暖房による乾き肌の原因になります。
・エアコンの風が直接、顔にあたっている。
・電気ストーブの熱があたっている。
・暖房を入れている時、室内が乾燥している。

ママが暖房による乾燥で、ミストを顔に吹きかけて乾燥対策をするように、赤ちゃんの肌の表面も乾燥したままでは、潤わないと考えてください。室内で赤ちゃんの肌に乾きを感じたら、加湿と皮膚の保護を始めましょう。

北風によるガサガサほっぺ

ガサガサほっぺ

冬に吹く風は、日中でもひんやり冷たいものです。冷たい風があたったり、寒いなか遊んでいると、いつのまにか赤ちゃんの頬が硬く張るような状態に変わります。これは頬の表面が乾燥している合図です。

パパやママが寒い季節に自転車に乗ると、顔表面が冷たい風にあたります。そんな時に肌表面の熱が奪われて、暖かさや冷たさの感覚が失われがちになります。冷たい空気で肌表面の熱が奪われるからです。

赤ちゃんの場合は、自転車の前に乗せている時や、ベビーカーに前向きに乗せている時に同じような状態になります。特にベビーカーは進行方向に向かって座らせると、北風を正面から受けてしまいます。

後ろでベビーカーを押すママは、ベビーカーが壁になって足腰に正面から北風があたりません。そのぶん、赤ちゃんが正面から受けてしまいます。ガサガサほっぺになっていたら、ベビーカーは対面にしたり、カバーで風よけしてください。

肌を乾燥から守るコツ

赤ちゃんの肌を乾燥から守るコツは、肌表面の潤いを保つことこです。でも、そう簡単に潤いが保てる季節だけではありません。

空気が乾燥して、気温の低い冬は潤いと保護の2点セットで乾燥対策をしましょう。

赤ちゃんの肌は皮膚が薄くて柔らかいことが特徴です。とても敏感なので、潤いを与えることが刺激になることもあります。赤ちゃんに与える潤いは低刺激で、余分な成分のないタイプを選んでください。

ママの使っている保湿液は、肌に潤いが持続しても赤ちゃんには不要な成分もあります。大人には当たり前の香料も刺激を与えかねません。赤ちゃん専用の保湿剤なら、香料も成分も安心です。

ピジョン「ベビーオイルジェリー」

ピジョンから発売されている「ベビーオイルジェリー」は、生後0ヶ月から使用できる保湿ジェルです。

オイルジェリーの良いところは、ジェリータイプなので液だれがなく、赤ちゃんの保護したい部分にしっかり留まってくれるところです。液だれがないので赤ちゃんの口周りに塗っても、垂れて口に入る心配がありません。

個人的に便利だと感じるのは、ハンドクリームによくあるチューブタイプです。片手でフタを開閉できるので、赤ちゃんを抱きながら使いやすい形態です。

チューブの口も小さめなので一気に出すぎず、必要な分を出しやすくなっています。チューブ容器も表面はビニールコーティングしてあるので、ママの手が濡れていても汚れをすぐに拭きとることができます。

「お出掛け中に赤ちゃんの乾燥肌が気になる!」と悩むママには、持ち運びできて片手で塗れるオイルジェリーがお勧めです。

(楽天)
丸ベビーオイルジェリー
(Amazon)
丸ベビーオイルジェリー空


ジョンソン「スージングナチュラルズ・ベビーうるおい全身シャンプー」

ジョンソンから発売されている「スージングナチュラル」シリーズのボディソープは、赤ちゃんの体だけでなく髪も洗える全身シャンプーです。

ボディソープと同じように使用しますが、ホホバ種子油・オリーブ葉エキス・アロエベラエキス・カミツレ花エキスなど、赤ちゃんの肌をやさしく保護してくれる潤い成分が入っています。

「赤ちゃんの乾燥肌は気になるけど、いろんなものをつけないシンプルなケアがしたい!」と考えるママには、洗浄と保湿効果のあるボディシャンプーがお勧めです。

スージングナチュラルの全身シャンプーは、赤ちゃんの目に入ってもしみにくい成分と、ポンプをプッシュすると泡で出てくる便利さがあります。新米ママにも使いやすい商品です。

(楽天)
丸ベビーうるおい全身シャンプー
(Amazon)
丸ベビーうるおい全身シャンプー空