あせも対策(おなか)

赤ちゃんのお腹は、肌が柔らかくて汗が停滞しやすいので、あせもができやすい場所です。あせもが発生しやすい条件と、家庭で気を付けたいお腹のあせも対策を紹介します。

赤ちゃんのお腹の特徴

赤ちゃん

赤ちゃんのお腹の特徴を挙げます。
・筋肉がなく柔らかい。
・皮膚が薄く蒸れやすい。
・汗で肌着と密着する。
・便秘ですぐに張りやすい。
・授乳、離乳食後はポッコリ。
・下腹はオムツとの境目で密閉されやすい。

赤ちゃんのお腹といえば、ポッコリ丸くふくらんだ可愛らしい姿を思い浮かべます。ポッコリしてしまうのは、授乳時に空気まで飲みこんでいることと、大人のように腹筋が発達していないからです。

腹筋が発達していないと腸の運動が少ないから、便秘にもなりやすいです。その結果、お腹が張ってしまうのでポッコリする理由は肥満だけではないのです。

また、皮膚が柔らかいので肌着の繊維によっては刺激を受けて赤くなってしまったり、かぶれることもあります。だから赤ちゃんの肌着はタグや製品表示が、肌に触れない外側に付けてありますね。

同じように、汗を放置すると肌表面が刺激を受けて赤みを帯びたり、あせもが発生します。特にお腹は全体的に柔らかいから、あせもが広範囲に広がりやすい特徴があります。

お腹の洗いかた

あせもを作らないお腹の洗いかたのコツを紹介します。家庭でケアするときに参考にしてください。

柔らかいスポンジや手のひらで洗う

赤ちゃんのお腹を触ると、筋肉がなく、どこまでも指で押せてしまうほど柔らかい印象を持ちます。そんな柔らかい皮膚には、海綿スポンジや硬く絞っていないガーゼやタオルが適しています。

パパやママの手のひらも、とても優しく丸みに沿って洗えるのでおすすめです。その際は、肌を傷つけないように爪を短く切ってください。

特に、あせもは発生してしまった場所は優しく洗ってください。かき壊してしまうと、なかなか治らなくなります。

お腹は強く押さないようにする

赤ちゃんのお腹は柔らかいので、ちょっと強い力を入れただけでググッとお腹が押されてしまいます。お腹を押してしまうと、腸を刺激したり苦しくなってしまいます。

お腹をを洗う時は上下に力を入れるよりも、クルクル回すように移動しながら洗ってみてください。そのほうが1ヶ所に力を入れずに洗えます。

おへそは奥まで刺激しない

赤ちゃんのおへそおへその奥は、とっても皮膚が薄いので腸を刺激し過ぎたり皮膚に刺激を与え過ぎることが心配です。

おへその内側はシワも多いので、石鹸やボディーソープが入り込んでしまうと洗いカスとなって停滞することもあります。これが、へそ周辺のあせもを誘発することもあります。

おへそを洗う時は、手前の縁は泡だてた石鹸やボディソープで洗い、おへその奥はシャワーを湯で流すだけにしておきます。

もしも、洗い残しが心配な場合は、洗い流さなくても大丈夫な成分でできている沐浴剤がおすすめです。

湯上りは、おへその奥までタオルで拭くというよりは、おへその周りをやさしくなぞって水分を拭きとってください。

オムツのあたる場所は念入りに

オムツのあたる下腹は、横にシワが伸びるので皮脂汚れが溜まりやすい場所です。しかも、オムツで蒸れがちなので、あせもが発生しやすいのが心配です。

あせもが発生しやすいとわかっていても、オムツをしないことは難しいので、こまめなケアが大切です。シワに沿って洗い流したら、シワを広げながら横に洗い流してください。シワの上から流すだけでは、シワの奥の汗や汚れが流れません。

こんな洗いかたはNG

ゴシゴシこすらない・・・赤ちゃんの肌はシワが多くて汗っかきなので、毎日のこまめな洗浄が大切です。でも、強くゴシゴシ肌をこする必要はありません。

硬いタオルやスポンジは使わない・・・大人の使う硬めのタオルやスポンジは、赤ちゃんの皮脂汚れだけでなく肌を守っている角質層まで取りのぞいてしまいます。タオルよりもガーゼの方が柔らかい肌ざわりです。タオルを使う時は、絞らないで水分をたっぷり含んだ状態で使います。

蒸れないお腹をつくる

オムツ交換時に肌着の汗チェック・・べたついていたら交換しましょう。
お腹が濡れたままにしない・・汗をかいたら拭きとるか、洗い流してください。
ベビーパウダーは乾いた清潔な肌に・・濡れた肌や、汚れの残る肌につかうと逆効果。

あせもができる原因の1つに肌表面の「蒸れ」があります。お腹は、下腹がオムツにあたること以外にも、肌着や衣類で熱が放出しにくい場所です。

オムツ交換の時に肌着や服もチェックしてください。もしも肌着が湿っている場合は、肌に皮脂汚れや汗が付着している可能性が高いので蒸れやすい環境になっています。

お腹が汗でべたついていると、そこにホコリや汚れが付着して毛穴を塞いでしまいます。さらにベビーパウダーをその汚れの上に乗せると、毛穴に強力な蓋をしてしまいます。

ベビーパウダーに関しては、こまめなお手入れと一緒に考えてください。べたつく肌にパウダーを乗せただけでは、あせも対策になりません。

ベビーパウダーを乗せると、肌は一時的に水分を除去してサラサラになりますが、水分を含んだパウダーが肌表面に残るので、汗の含まれた状態で毛穴を塞いでいることになるのです。

だからベビーパウダーは肌が乾いて清潔な状態で使用してください。お風呂上がりは清潔面でも安心です、水分をよく拭きとってから使用しましょう。汗をかいたら再び洗い流して、新たにベビーパウダーを使用してください。