新生児ママにおすすめの洗濯洗剤

新生児は肌が敏感なので、肌着を選ぶのと同じように、肌着を洗う洗剤にも注目してください。敏感な肌にも低刺激で安心な、赤ちゃん専用洗剤を紹介します。アトピーや肌荒れに悩む家族にも使えるので活用してください。

新生児用の洗濯洗剤はメーカーによって、使用成分の量やバランスに差があります。実際に使用して実感するためにも、最初は赤ちゃんではなくママの衣類を洗ってみましょう。

SARAYA「arau.baby」

arau

SARAYAから販売されている「arau.」(アラウ)シリーズは、赤ちゃんだけではなくアトピーや敏感肌向けのラインナップが豊富です。もちろん赤ちゃんにも使用できる成分だけを使用していますが、さらに新生児からママが使いやすいように作られたのが「arau.baby」(アラウ.ベビー)の洗濯洗剤です。

アラウ.ベビーは肌に触れるとアレルゲンの原因となってしまう成分(リン酸塩・金属イオン封鎖剤・香料・着色料・保存剤)を使用していません。万が一、赤ちゃんの敏感な肌に触れても刺激が少ない成分を選んでいます。

合成界面活性剤は使用せず、石鹸の界面活性剤で無添加の洗浄力を使用します。だから、蛍光剤で白く見せることもありませんが、その代わり洗い続けると繊維本来の色が戻る、無添加ならではの成果が期待できます。

実際に新生児の沐浴タオルに、アラウベビーの液体洗剤を使用しました。柔軟剤を使わなくてもふんわり感がでたので、「無添加だから効果も感じにくい」とは思いませんでした。詰め替え用もあるので便利です。

(楽天)
丸arau
(Amazon)
丸arau空


ピジョン「ベビーランドリーピュア」

ベビーランドリーピュア

育児グッズで有名なピジョンでは、「ベビーランドリーピュア」という赤ちゃん専用の洗濯洗剤もあります。ピジョンと言うだけで、新生児でも安心して使えるほど口コミも安定した人気があります。

ベビーランドリーピュアの便利なところは、水通しから使用できるのでママの手にも安心です。新生児の使用を考えて、無香料・無蛍光・無着色・無漂白剤・無リンと無くても大丈夫な成分は含まれていません。

界面活性剤は、天然の植物由来成分を使用。肌着や寝具についたうんちやミルクの汚れはしっかり洗い流すことができます。浸けおき洗いも可能なので、忙しい時は洗濯前にベビーランドリーピュアで浸けおきしておくと汚れが落ちやすくなります。

(楽天)
丸ベビーランドリーピュア
(Amazon)
丸ベビーランドリーピュア空


ピジョン「ベビーランドリーモアクリア」

ベビーランドリーモアクリア

上記のベビーランドリーピュアと同じシリーズで、赤ちゃん特有のおむつのうんち汚れやミルク汚れの洗浄に特化した専用洗剤が、「ベビーランドリーモアクリア」です。寝具に付着したおむつ交換時の汚れや、授乳時にこぼれたミルクの汚れを落としたい時に使用します。

落としたいうんち汚れは匂いが気になる汚れなので、モアクリアの方には香料が含まれています。他は無蛍光・無着色・無漂白剤・無リンで、新生児のお世話から使用できます。

新生児は胃がひょうたん型なので、授乳後のゲップでミルクを出すことも珍しくありません。その場では拭き取って、色も消えたように見えますが、ミルク汚れは日が経つとシミになって現れます。ベビーランドリーモアクリアで洗っておくことで、シミ予防にもなります。

(楽天)
丸ベビーランドリーモアクリア
(Amazon)
丸ベビーランドリーモアクリア空


アカチャンホンポ「純石鹸おむつ肌着洗い」

おむつ肌着洗い

アカチャンホンポの「純石鹸おむつ肌着洗い」は、価格が良心的なことと、柔軟剤なしでもふっくらしていると口コミが良い洗濯洗剤です。

弱アルカリ性の石鹸洗剤なので、新生児の肌にも低刺激で布おむつを洗う時に便利です。石鹸といっても、すすぎで綺麗になるので、ヌルヌル感は残りません。無蛍光・無着色・無漂白剤・無リン・無防腐剤です。

香料は洗い上がりにほんのり香る程度です。布おむつは汚れをしっかり洗っておかないと、何度も使ううちに特有の臭いが付いてしまいます。石鹸洗剤は消臭に効果を発揮するので、布おむつで育児をする時に試してください。

(楽天)
丸おむつ肌着洗い アカチャンホンポ