新生児に安心な洗剤

新生児は肌も薄く敏感なので、肌着や寝具は赤ちゃん専用の洗剤で洗濯すると安心です。せっかく選んだ安心な肌着や寝具も、洗剤の刺激が強いと洗濯後は赤ちゃんの肌を刺激してしまいます。新生児の肌にやさしい洗濯のコツをわかりやすく紹介します。

赤ちゃんの洗剤の条件は?

新生児新生児の爪はとっても薄くてやわらかいのに、赤ちゃんはその爪で顔を引っかいただけで傷を作ってしまいます。それだけ新生児の肌は柔らかくて薄い状態なのです。そんな肌に安心して使える洗剤の条件を挙げます。

・万が一肌に触れても刺激の低い成分。
・汚れをやさしく落として生地を傷めない成分。

新生児の肌を刺激しない、肌着を洗った後も必要以上に生地が傷んでいなければ理想的です。

ママが使いたい洗剤を直接触って確かめてください。大人用のハンカチを使いたい洗剤で手洗いしてみましょう。ママの手に刺激や必要以上に油分が奪われてカサカサ肌になるようなら赤ちゃんには使用したくありません。

どんなに汚れが落ちて肌着の白さが強くなっても、それが肌に刺激のある成分なら心配です。それよりも香りや白さの強調はなくても、やさしく汚れを落として肌に影響のない洗濯洗剤が理想的です。

洗剤の原材料はどんなもの?

赤ちゃん、特に新生児の肌にふれるものはオーガニックコットンや染料にも気を着けて選びます。そんな時は、どんな素材が使われているかも気になります。

例えば、大人も使用しているある洗濯洗剤の成分表示の一部はこんな感じです。メーカーによって異なりますが大まかに、その成分の働きも紹介します。

界面活性剤(かいめんかっせいざい)・・・繊維に付着した汚れを分解して、引き離す働きがあります。

酵素(こうそ)・・・繊維に付着した油汚れを分解して取りのぞきやすくします。

アルカリ剤・・・垢や血液といったたんぱく質汚れの洗浄に使用。重層(じゅうそう)が有名。

蛍光剤・・・紫外線に当たると青白い色が強調されて、繊維を白く見せる成分。

香料・・・使用感がよくなるように匂いを追加します。

新生児に蛍光剤は大丈夫?

汚れた白いタオルの、洗い上がりが真っ白になると気持ちの良いものですが、真っ白にするために蛍光剤(けいこうざい)を使用している場合があります。蛍光増白剤(けいこうぞうはくざい)とも表記され、その名の通り白く見せる目的があります。

洗濯洗剤に使用されている蛍光剤は工夫を重ねて肌に強い刺激を与えないようにしている商品もありますが、新生児にはなくても大丈夫な成分です。

新生児に使用する洗剤の多くは「無蛍光」です。無理に白さを追求しないでよいと考えたら、無蛍光で肌への影響を防いだ方が安心だという考えです。

新生児に合成界面活性剤は大丈夫?

新生児の肌着合成界面活性剤(ごうせいかいめんかっせいざい)は、洗剤の成分としては有名です。汚れをしっかり落とすことから、落ちにくい汚れやシミになりそうな汚れには役立っています。科学的に作られた物なので「合成」という言葉がついています。

洗濯洗剤に使用する合成界面活性剤は、繊維の間に潜り込んで汚れをはがしやすくして水と融合させます。だから合成界面活性剤を使用すると、1度の洗濯で汚れが落ちて便利です。つまり、使い方によってはとっても便利な成分です。

その一方、合成界面活性剤は排水すると水中の生物が弱ってしまうほどの強さを持っているので、公害面で問題視されています。それだけ洗浄力が高いことから肌に触れると心配だという不安があります。

合成界面活性剤は、私たちの使用しているシャンプー・リンス・化粧品や乳液にも広く活用されています。意外と気が付かずに使用しているものもあるので、使ったからすぐに赤ちゃんの肌に問題が起きるとは限りません。

新生児の肌には界面活性剤でも余分な成分が加わっていないものがおすすめです。香料はアレルゲンになる可能性があるので、新しい洗剤を使う時は成分表示やメーカーのサイトをチェックしてみましょう。

すすぎを念入りに

どんなにデリケートな肌に使用できる洗濯洗剤でも、肌着やタオルにすすぎ残しがあると不安です。家庭の洗濯の都合上、赤ちゃんと家族の洗濯を分けておこなう時間が無い時もあります。

そんな時は、赤ちゃんの肌着に洗剤が残らないように、すすぎをしっかり行ってください。乾燥器の使用は、柔らかい肌着の生地を痛めてしまったり変形させてしまうこともあるので気を付けてください。