母乳・ミルクを吐いてしまう

新生児は母乳やミルクを飲む量が少なく、何度も分けて飲み続けます。やがて授乳量も増えて、時間も短縮されますが、それでも前触れもなく母乳やミルクを吐きだします。どうして赤ちゃんは、飲んだミルクを吐きだしてしまうのでしょうか。

赤ちゃんが母乳やミルクを吐きだす原因、理由はいくつか考えられます。月齢や体調にもよるので、誰もが同じ理由で吐くわけではありません。ママがよく観察してあげましょう。

・一度の授乳で飲みすぎている。
・ゲップをする時に一緒に出してしまう。
・ゲップをする時に背中を叩きすぎている。
・ゲップが不十分で後から吐きだす。
・授乳後すぐに体勢を変えている。
・病気による消化不良。

赤ちゃんが母乳やミルクを吐きだす時、新生児は些細な刺激でも吐きだします。ただ授乳量が少ないので、あまり驚かないかもしれません。

特に新生児は授乳に慣れていないから、沢山の空気も一緒に飲みこんでいます。ゲップを出さないと、いずれ空気がいっぱいになってミルクと一緒に出すことになります。

生後3ヶ月になると一度に沢山飲めるようになってくるので、吐きだす時の量も多くなって、ママは驚くかもしれません。機嫌が良いなら問題ありませんが、機嫌が悪く頻繁に吐きだす時は何らかの原因が隠されていることがあります。

赤ちゃんの胃はひょうたん型

赤ちゃんの胃は、ひょうたん型でフタが無いような状態です。沢山ミルクを注いだコップのような状態だと考えてください。

口いっぱいにミルクが注がれたコップは、ちょっと動かしたり斜めになれば、すぐにミルクがこぼれます。赤ちゃんの胃は、ささいな動きにも反応して母乳やミルクを出してしまうのです。

ですから大人にしてみれば、毎回授乳のたびに吐くのは病気だと疑いますが、赤ちゃんにとっては体の構造上、少し仕方のないことなのです。

吐いてしまったときの処置

赤ちゃんが母乳やミルクを吐いた時は、口の中に何も残っていないか見てあげます。赤ちゃんは喉の器官も細いので、口内にミルクを残しておくと苦しくて不快です。

もしもミルクが残っている時は、赤ちゃんの口の端からダラダラ出てくる場合もあります。その時は、飲みこませずにガーゼやタオルに吸いこませます。しばらく顔を横向きに寝かせるか、縦気味に抱っこして落ち着かせましょう。

赤ちゃんやママの衣類に吐きだした母乳やミルクが付着した時は、洗濯機で洗う前にぬるま湯につけて手洗いするほうが臭いを残しません。

母乳も粉ミルクも、時間がたつと臭いが残っていることがわかります。臭いにはお湯洗いが効果的です。ただ、洋服によってはお湯やこすって洗うことができない場合もあります。肩にタオルをかけてゲップさせたり、洋服に直接かからない方法も利用しましょう。

白っぽい服の場合は、来シーズンにシミになっている場合もあります。どうしても、母乳やミルクで汚れた服に臭いやシミを出したくない時は、クリーニングのシミ抜きをお願いしたほうが安心です。

こんな時は病院へ!

・吐きだした母乳やミルクが緑やピンクがかっている。
・噴水のように大量に噴き出した。
・お腹がパンパンに張って苦しそう。
・便秘、おしっこが出ていない。

母乳もミルクも、口からダラダラ出す時はそんなに問題がありません。噴水のようにピューッと吹き出した時は、幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)が疑われます。

幽門狭窄症は悪化すると鼻からもミルクをだし、顔色も土色で血色が悪く見えます。幽門狭窄症は簡単に説明すると、胃の出口の幽門(ゆうもん)が狭くて、母乳やミルクが通りにくくなっている症状です。

胃の出口で止まった母乳やミルクを吐きだすので、赤ちゃんは空腹になります。またすぐ授乳をしたがって、吐きだすの繰り返しは脱水症状が心配です。ママも頻繁な授乳と嘔吐の繰り返しに疲れてしまいます。

嘔吐した母乳やミルクに色がついている場合、黄色~緑がかっている時は胆汁(たんじゅう)の可能性があります。これも早急に病院で相談してください。

丸もっと詳しい幽門狭窄症については→e-育児「幽門狭窄症」