赤ちゃんに、かかりつけ医は必要?

かかりつけ医とは、常に自分の体調を見てもらう身近な医師のことです。かかりつけ医を決めておくかおかないかは個人の自由です。

かかりつけ医は普段から健康管理や体調不良を相談できる医師なので、よく考えて決めましょう。体の不調や、健康について1番に相談したいと思える医師が理想です。

赤ちゃんのかかりつけ医の多くは小児科医です。かかりつけ医は1度決めたら簡単に変えてはいけないという意見もありますが、赤ちゃんや子どもの場合はちょっと違います。

小児科に通っている間は、内科医よりも小児科医にお世話になることが多いので、小児科医を選びます。成長して小児科に通わなくなったら再び、かかりつけ医を決めていきます。

赤ちゃんのかかりつけ医のメリット

赤ちゃんのかかりつけ医

・何度も診察してもらうことで、赤ちゃんの体調を知ってもらえる。
・アレルギー疾患や体質の変化を観察してもらえる。
・赤ちゃんの過去の病歴を把握したうえでの治療ができる。
・同じ医師に診察してもらうので、赤ちゃんも慣れやすい。
・合う薬、合わない薬が解りやすい。

・もしも大きな病気や検査・入院が必要になった場合は赤ちゃんに適切な専門医や病院を紹介してくれる。

赤ちゃんのかかりつけ医を決めておくと、急変しやすい病気のときも親身で正確な対応が期待できます。

特にアレルギーのある赤ちゃんは、治療に使う薬が制限される場合があります。かかりつけ医なら、普段から把握してくれているので薬の処方も安心です。

赤ちゃん自身も、人見知りが始まると診察に戸惑うときがあります。いつも同じ医師なら、人見知りで泣いたり、環境の変化に不安を感じることも減ります。

かかりつけ医の紹介状

赤ちゃんは軽い症状でもこじらせると入院が必要な状態になることがあります。このような時でも。かかりつけ医は専門医や病院を紹介してくれます。

かかりつけ医からの紹介状があると、以前の健康状態の情報も併せて報告できます。紹介された医師は、情報をもとに治療や検査を考えるのでスムーズに進みます。

検査入院や手術など特殊な場合は、医師の紹介状がとても助かります。場合によっては、紹介状がないと診療を受けることが困難なケースもあります。

どの科を診療していけばよいのか解らない時も、適切なアドバイスを聞くことができます。それも、かかりつけ医として赤ちゃんの体をよく解っているからこその、信頼度の高いアドバイスです。

保護者は、かかりつけ医に何を求める?

・急変しやすい赤ちゃんの病気の知識と理解。
・わかりやすい家庭での看護指示。
・ママの立場になった看護指導。
・赤ちゃんに無理をさせない診察。

・病気の悩みや疑問を、ちゃんと聞いてくれる。
・話しやすく、気軽に質問しやすい雰囲気。
・診察時の赤ちゃんへの接し方が丁寧。

保護者が、赤ちゃんのかかりつけ医に求めることは、家庭によって優先順位がことなります。

ここだけは譲れない1つを決める

ママは、かかりつけ医に1番求めたいことを考えてみましょう。「ここだけは譲れない条件」を決めたら、もっとかかりつけ医が見つけやすくなります。

子どもが泣かないように優しい先生を選んだ場合は、「子どもに対する接し方」を求めているということになります。

かかりつけ医が厳しくても、必ずピンポイントの看護指導があって帰宅後のお世話がしやすい時は、厳しくても信頼できる医師です。

かかりつけ医の厳しいコメントに悩んでしまう時は、ママと医師のコミュニケーションを優先するか、赤ちゃんの経過を優先するか考えます。

ママが医師に話しかけることができないと、納得した治療は難しくなります。ママも通院のたびにストレスを感じます。でも、手厳しいコメントが赤ちゃんの為になっているようなら、時には受け入れることも必要です。

赤ちゃんに対する態度も決め手の1つです。ママにとっては赤ちゃんへの診察の仕方や、抱き方も気になるものです。乱雑な診察だったり、いい加減な抱き方をしていると感じた場合は信頼関係が築けません。

どの項目を1番大切に考えるかは人それぞれですが、パパやママが「この先生なら信頼できる」と思える先生が1番です。直感とまではいきませんが、話しやすさや診察内容で好感が持てた場合は、かかりつけ医として考えてみましょう。

かかりつけ医に手続きは必要?

かかりつけ医として、赤ちゃんの健康状態を相談していきたい先生が見つかったら、特にかかりつけ医の申請や手続きは不要です。

ただし、かかりつけ医を決めたら、赤ちゃんの健康状態や体調不良の際は、積極的にかかりつけ医に相談するように心掛けてください。

その都度、違う病院や先生に診断してもらっていると、かかりつけ医のメリットが半減してしまいます。通い続けることで、医師は赤ちゃんの健康状態や投薬を把握していきます。ママと、かかりつけ医の連係プレーで赤ちゃんの健康を守っていきましょう。