赤ちゃん

育児トピックス

赤ちゃんの鼻水

赤ちゃんの鼻の特徴 赤ちゃんの鼻は大人よりも小さいことから、鼻の空気を吸い込む道も細いのが最大の特徴です。しかし、鼻の内部には大人と同じように役割があって、きちんと空気を肺まで送り込める働きがあります。内部は湿っていて、外部の侵入物には過敏...
赤ちゃんの発熱

新生児の発熱

新生児の期間 このページでは生後1ヶ月になるまでの新生児が、発熱した場合についてやさしく説明しています。新生児は体内水分量が最も多い時期なので、発熱で水分が失われて脱水症状になると、一気に重体におちいる危険があります。 新生児の体内水分量 ...
赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの座薬の解熱剤

座薬とは 座薬とは、薬剤を体温や分泌物で柔らかくしたり溶ける成分の包装をした外用薬です。 赤ちゃん向けの座薬は、赤ちゃんの肛門、または膣から挿入できる一定の形に成形されているので安心して使用できます。 座薬による解熱 赤ちゃんが解熱目...
ads
赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの座薬の使い方とコツ

座薬の準備 赤ちゃんの熱を確認 座薬を使用するときは、もう一度赤ちゃんの熱をはかってください。医師に指示された体温よりも高いときは座薬を使用します。熱が下がり始めたときは、座薬を使わず様子をみてください。 座薬は基本的に、赤ちゃんの熱...
赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの中耳炎と発熱

中耳炎とは 中耳炎とは、耳の奥にある鼓膜(こまく)の内側にある中耳(ちゅうじ)炎症がおこって現れる症状です。 赤ちゃんや子どもに多いのは急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)で、肺炎球菌やインフルエンザ菌の感染が原因になりやすいです。 ...
赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの熱が下がらない

赤ちゃんが発熱して、病院に行っても薬を飲んでも熱が下がらないと、ママはとても心配になります。発熱が続く原因や疑われる病気、看病のコツをわかりやすく説明します。 赤ちゃんはもともと平熱が高めで、大人ではつらい体温でも、けろっと元気に笑ってい...
赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの低体温

低体温(ていたいおん)とは 低体温とは、一般的に熱が36度以下で続いている状態です。 私たちの体は36~37度程度の熱を保てるように働いています。赤ちゃんの場合はもう少し平熱が高くて37.5度までは平熱として考えられています。 ところが...
育児用語辞典

新生児の検温 e-育児

産まれたばかりの赤ちゃんの体温は、出生児に裸の為、体温の管理が大切です。最初は自分で体温調節ができないので、検温で確認しながら体調管理をしてあげます。 新生児の検温方法 ベッドに寝かせて仰向けか母親側を向かせて脇に体温計をはさむ。 ...
育児用語辞典

おたふくかぜ e-育児

おたふくかぜとは、耳の下からあごの下に向かって腫れて発熱を伴う病気です。正式には流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)と呼ばれ、頬は赤くはなりませんが、その名の通り、下頬の輪郭がおたふくのように見えます。現在は1歳以降、任意で予防接種...
育児用語辞典

命名(名づけ)

命名とは赤ちゃんが生まれた際に、その子の名前を決めることです。基本的には出生2週間以内に役所に届けることになっています。その為、妊娠中から使用する文字や各数を調べたり、専門家に頼むこともあります。 命名の期限 赤ちゃんの命名は、住んでいる土...