赤ちゃんの頭皮の日焼け

日射しの強い夏、日焼けするのは顔や腕だけではありません。頭皮は顔の3倍も日焼けしています。赤ちゃんの頭皮の日焼け対策とダメージケアをわかりやすく説明します。

ads

頭皮の日焼けに無防備

赤ちゃんの頭皮

頭皮は、顔の3倍も日焼けしているそうです。普通に立っても、顔や腕より先に頭皮の紫外線は到着します。顔や腕の日焼けには、あらゆる日焼け対策を練りますが、頭皮の日やけに関しては無防備になりがちです。

実際に頭皮の日やけ対策として流通しているアイテムも少なく、どうやって日焼けから頭皮を守るべきか、いまいちわからない家庭も多いようです。

赤ちゃんは特に髪の1本1本が細くて柔らかく、まだ全体的に生えそろっていない子も多くいます。大人よりも柔らかい頭皮が見えている状態が多く、紫外線が到達しやすいので注意が必要です。

頭皮の日焼け症状

頭皮が赤味を帯びます

頭皮が日焼けすると、頭皮はだんだん赤い色味を強くします。頭皮が紫外線によってダメージを受けている状態です。

頭皮が赤くなっているときは、顔や腕でいう「かなり日焼けした」状態の可能性が高く、頭皮表面が紫外線によって刺激をうけています。

冷すと赤味がひきやすくなります。濡れたタオルを軽くあててください。凍らせたジェルパッドや保冷剤は必ずガーゼやふきんに包んで、直接あてないようにします。冷すのは短時間にしてください。

頭皮がヒリヒリ

紫外線による日焼けで頭皮が赤くなっているとき、ジンジンするような痛みやヒリヒリ感があるのは頭皮表面がダメージを受けているサインです。特に赤ちゃんの頭皮は薄いのでダメージを受けやすい特徴があります。

もしも赤ちゃんが頭を触ると泣いたり、シャンプー時に嫌がるときは頭皮がヒリヒリしている化膿性があります。ここで無理に頭皮を触って傷をつくると、黄色ブドウ球菌をはじめとする菌が繁殖してジュクジュク状態になることが心配です。

赤ちゃんが頭皮を気にしているとき、ヘアアクセサリーやヘアアレンジは厳禁です。髪を結んで頭皮がひっぱられることで痛みが増すケースもあるので、なにもしないほうが安心です。

頭皮の皮がむける

日焼けをした腕や背中の表面がむけるように、頭皮も表面がむけることがあります。まるでフケのようで不快感をもつ人も少なくありません。

頭皮の皮がむけはじめたら、ブラシの先で頭皮を傷付けないように髪だけをブラッシングします。髪をブラシングすると、むけてしまった頭皮の皮うすい皮が取れます。半透明でフケよりも面積が広く薄い皮です。

赤ちゃんの場合は、脂漏性湿疹のように不要な部分を取りのぞきたくなりますが、ママの指先や爪で頭皮を傷つける可能性があります。

日焼けではがれそうな赤ちゃんの頭皮の皮は、絶対に無理にはがさないでください。赤ちゃんの頭皮は柔らかくて薄いので、出血したり傷ができることもあるのです。気になるときは入浴時に洗い流してあげましょう。

頭皮の日焼け対策

吸水性のよい帽子

砂遊び

赤ちゃんの頭皮は、髪が生えそろっていないと大人よりも直射日光を受けています。帽子や、ベビーカーの日よけで頭皮に紫外線が当たらないようにしましょう。

日焼け対策で効果的な帽子は、ツバのある帽子です。頭皮と顔を紫外線から守ることで、体温調節が未熟な赤ちゃんの体調を守ります。

綿など汗を吸収しやすい生地は、長時間のお出かけに便利です。頭皮が蒸れてしまうと日焼けは予防できますが、あせもが心配です。室内では帽子を外して頭皮に空気をあてることも忘れないでください。

ベビーカーや車の日よけ

ベビーカーは日よけを使って、赤ちゃんの頭皮が日陰になるようにします。忘れがちなのは車のベビーシートです。車に乗っているときも日焼けはします。ベビーシートや車の窓付近には日よけを設置してあげましょう。

粉類はNG

日射しから頭皮をガードしたり、汗をかかないようにするためにベビーパウダー類を頭皮にのせるのは逆効果です。頭皮には汗腺があります。パウダーで汗の出口を塞いでしまうと、頭皮トラブルの原因になります。

頭皮の日焼けケア

赤ちゃんの頭皮が日焼けしてしまったら、刺激を与えないことが鉄則です。

日焼けした頭皮を冷す

赤ちゃんの頭皮を冷すときは、ぬれたガーゼやおしぼりを優しくあててください。こすらないように、軽く上に乗せるイメージです。

ぬるま湯で洗い流す

日焼けした頭皮から皮がむけてきたときは、ママの指やブラシで除去しないでください。ついつい綺麗にしてあげたくなりますが、頭皮を傷付けて日焼けした患部を悪化させる原因になります。

赤ちゃんの頭皮を清潔にするためには、ぬるまゆで軽く洗い流します。熱いと日焼けした皮膚を刺激してしまうのでぬるま湯が安心です。

ベビー用シャンプーは、赤ちゃんの頭皮にも低刺激ですが日焼けしている患部には使用しないほうが安心です。周囲を洗うときは、直接シャンプーをのせずに手で泡立ててから洗ってください。

頭皮を保湿

日焼けした頭皮は乾燥して水分が足りない状態です。かといって大人の使用するヘアケア製品は赤ちゃんの頭皮には刺激があります。

赤ちゃんの頭皮を保湿するには、ベビーオイルやオリーブオイルを使用します。ママの指のはらにオイルをのせて軽く患部にのせてあげましょう。こすったり、爪で傷付けないよう気をつけてください。

化粧水はベビー用であっても、日焼けした頭皮にしみる可能性があるのでおすすめしません。

不安なときは皮膚科を受診

赤ちゃんの頭皮が日焼けしてケアがわからないとき、ジュクジュクして悪化しているときは皮膚科に相談してください。

赤ちゃんの頭皮はとってもデリケートです。困ったときは専門のアドバイスと治療方法に従ってください。頭皮が赤くなったり皮がむけていることが日焼け原因と判断できない時も、受診をおすすめします。