インフルエンザウイルスを寄せない環境

インフルエンザウイルスに感染しないために、ウイルスが嫌がる環境作りについてわかりやすく説明します。インフルエンザの感染を予防するためのコツは、ウイルスが生存しにくい環境と抗体力のある体作りをすることです。

湿度50%以上

インフルエンザウイルスは乾燥した空気で活発になります。これは空気中の水分がないから、ウイルスが軽い状態で浮遊できることに関係しています。ということは、空気中に水分があればウイルスに水分が加わって重くなって、早く地面に降下していきます。

インフルエンザウイルスは湿度40%以下の環境で活発になるので、逆に湿度40%以上ならウイルスの活動が、今まで以上に活発化することはないと考えられます。

のどの調子も考えて、おすすめしたいのは湿度50%以上です。でも、インフルエンザウイルスに感染してしまったら湿度をもう少し上げて60%以上にしてください。

湿度をあげるために必要なものは加湿器だけではありません。加湿器はとても便利ですが赤ちゃんの過ごす部屋全てに置くことができなければ、水の入った花瓶やコップ、濡れタオルでも代用してください。

のどの調子が良いときは湿度に問題ない場合が多いのですが、赤ちゃんのいる家庭では湿度計で常に湿度を保てているか、確認することもおすすめします。

こまめな換気

換気をすると外からウイルスが風にのって来てしまうのではと不安になりますが、換気をしないと室内はもっと心配な状況になってしまいます。窓を2ヶ所開けて、風邪の通り道をつくってあげましょう。

換気をすることで、室内の空気のよどみを無くして、様々なウイルスを停滞させないようにします。

特に冬は暖房で室内を温めるほどに空気は乾燥しがちです。寒いからと言って閉めきっては逆にのどが乾燥してしまいます。1時間に1回は、換気をして乾燥した空気を入れ替えましょう。

拭き掃除

赤ちゃんは、月齢に関係なくいろいろなものに触っています。自分のおもちゃ以外でも、ドアノブや手すりなど、つかまることができる場所や手で触ることのできる場所には手を出すものです。

家庭内で赤ちゃんの触る場所をチェックしてください。つかまり立ちやハイハイをしている赤ちゃんは、少し低めの家具や段差に手を置こうとします。

赤ちゃんの動向を見てみましょう。いつも立つときに手を置く場所や、おもちゃで遊ぶ時によく座る場所などを念入りに拭き掃除してください。もしも消毒できる素材なら、定期的に消毒しましょう。おもちゃ用のクリーナーや重層が安心です。

手指の消毒

赤ちゃんは指しゃぶりをするので、手指についたウイルスが体内に侵入する可能性は毎日あります。

離乳食が始まっている赤ちゃんは手づかみ食べもするので、食事中に手指にウイルスがついていたら一緒に口に入れてしまいます。

外出の前後だけではなく、こまめに手指を消毒してください。流水やぬるま湯で洗い流したときは、必ず水分をふき取って乾燥させてください。

うがい

うがい

インフルエンザウイルスは鼻やのどの粘膜に付着することで増殖し始めるので、のどにウイルスを付着させた状態を許してはいけません。

赤ちゃんの家族もうがいを心がけましょう。しかし、赤ちゃん本人はうがいができません。赤ちゃんは白湯をのんで口内を洗い流します。

また、赤ちゃんの場合はよだれや鼻水で、口と鼻の周辺が湿りがちです。空気中のウイルスが付着しないように、よだれと鼻水もこまめに拭きとってあげます。こすると皮膚が傷つくので、柔らかい素材のハンカチやガーゼでやさしく押さえてポンポン叩くように取ってあげます。

栄養たっぷりの食事

インフルエンザウイルスをよせないためには、じゅうぶんな栄養も必要です。栄養ある食事をして体力をつけることで、体本来のもつウイルスに対する抵抗力を保ちます。

抵抗力があると、鼻やのどの粘膜まで侵入してきたインフルエンザウイルスを除去する働きが作動するので、ウイルスが侵入してもまだ感染対策を続けることができます。

特に赤ちゃんの場合は、インフルエンザのような高熱が出る病気では脱水症状が心配なので、感染後の治療よりも予防対策に重点をおきたいところです。

充分な睡眠時間

赤ちゃんには充分な睡眠時間を確保できますが、ママには睡眠時間が足りない日々が続くのも現実です。

ここでは赤ちゃんの睡眠時間と同じように、育児ママの睡眠時間の確保もおすすめします。赤ちゃんがインフルエンザに感染しないことに努力するとともに、ママもインフルエンザに感染しない体力を維持してください。

ママがインフルエンザに感染した場合、赤ちゃんと常に過ごしているのですから赤ちゃんに感染する確率は高くなります。授乳や添い寝にも支障が出てしまうので、ママの体力維持は必須項目です。疲れたら体力を落とす前に、短時間でも横になって休息をとりましょう。