シロップ薬の飲ませかたと注意点

赤ちゃんに処方されるシロップ薬の飲ませかたのコツ、保管方法、ママが気をつけたい取り扱い注意点をわかりやすく説明します。

シロップの特徴

飲みこみやすい

シロップは錠剤やカプセルの処方薬よりも飲みやすく、乳幼児にはよく処方されます。

シロップなら普段使っている哺乳瓶や、お気に入りのマグにいれて飲ませることもできるので、薬に慣れていない赤ちゃんにも飲ませやすいメリットがあります。

甘みや香りがある

病院で処方されるシロップには色がついているので「苦い薬」というイメージが半減します。よく比べると、病気のたびにちょっと違う色のシロップだったりもします。

シロップ薬は苦さを抑えて、甘味や香りで調節されていることが多いのも特徴の1つです。それでも果汁やミルクとは違う味にびっくりする赤ちゃんもいます。

毎回量を確認

処方薬は「1回1錠」「1回1包」というように1回分がのみやすく分けられていることが多いのですが、シロップの場合はボトル容器のラインを確認して、ママが量をはかります。

容器のラインに注意しなければいけないので不機嫌で泣いている赤ちゃんや、抱っこしながらの看病では注意が必要です。焦って量を間違えないようにしたいです。

持ち運びしやすい

シロップ薬はボトル容器に入っているので、外出でも運びやすい特徴があります。携帯できれば飲み忘れも少なくなります。

シロップ薬の準備

シロップ薬を飲ませる前に、ママの手洗いと薬の準備をしておきましょう。食前・食後など投薬のタイミングも再チェックしてください。

軽く振っておく

シロップ薬の容器を開ける前に、軽く振ってシロップの中身を均一にしましょう。薬の成分が容器の底に沈殿したり分離していることがあります。振りすぎると泡がたってしまうので、軽く2~3回振れば大丈夫です。

薬が嫌いな赤ちゃんには、おもちゃを振った後でシロップ容器を振ってみせて警戒心を解いてみましょう。

量は平たい場所で確認

シロップ薬の量を確認するときは、必ず平たい場所に容器を置いて確認してください。手でもった状態では水平なラインを確認できません。

ママの目線は上からだと間違えやすいので、ラインと水平に真横から量確認してください。

シロップ薬の飲ませかた

シロップは赤ちゃんに飲みこませることが簡単ですが、なかには嫌がる赤ちゃんもいます。これは母乳や離乳食と薬の違いを察しているので悪いことではありませんが、看病しているママは困ってしまいます。

清潔なマグや哺乳瓶

シロップ薬は赤ちゃんが使いなれているマグや哺乳瓶で与えることができます。このときに使用するマグや哺乳瓶は、あらかじめしっかり洗浄・消毒したものを使用します。

ただし、嫌がる赤ちゃんは哺乳瓶やマグの中身をみた時点で拒否することがあります。長時間放置するとシロップに雑菌が繁殖して飲ませることができなくなるので、嫌がったり吐き出したら別の飲ませかたも試してください。

哺乳瓶の乳首

シロップ薬低月齢の赤ちゃんにおすすめの飲ませかたは、哺乳瓶の乳首です。哺乳瓶に慣れている場合なら、赤ちゃんの飲むシロップは少量なので哺乳瓶を使わずに、哺乳瓶の乳首にシロップを入れて飲ませる方法もあります。

赤ちゃんの手があたってシロップをこぼさないように気をつけてください。先に使用する乳首を吸わせて慣らすことがコツです。授乳後の哺乳瓶に、そのままシロップ薬を加えるのは避けてください。

スポイト

月齢の低い赤ちゃんにはスポイトで与えることもできます。母乳に慣れてしまって、哺乳瓶の乳首や離乳食用スプーンに抵抗する場合は試してください。

赤ちゃんの口が開いたタイミングで、スポイトを口にそっと入れてシロップを出します。横抱っこの赤ちゃんならそのまま飲みこむしかないので確実です。

のどの奥にシロップをぴゅっと出すと確実に飲みこみますが、赤ちゃんはビックリします。のどの奥に直線で出さずに口内の横側に向かって出しても奥に流れるので、様子をみながらどちらが良いか試してみましょう。

スポイトは使用するたびに洗って清潔を心がけてください。他の薬と併用するときも、その都度洗います。家族と共用することは控えてください。赤ちゃんに適さない薬の成分がスポイト内に残っていると危険です。

離乳食用スプーン

離乳食スプーンシロップ薬を飲みこまずに出してしまう赤ちゃんや、口を閉じて拒否する赤ちゃんには離乳食用のスプーンも試してください。

離乳食用のスプーンなら赤ちゃんが歯茎で噛んでしまっても柔らかいので安心、なるべく口の奥の方にいれてゴクンと飲みこませるのがコツです。

ストロー

乳幼児用のストローマグが使える赤ちゃんには、ストローで飲ませることもできます。ベビー用の柔らかいシリコンストローが安全です。使用後は内部にシロップが残らないように洗い流してください。

容器のフタを使わない

容器のふたを使えば、外出中も簡単にシロップを飲ませることができそうですが、衛生面に問題があります。

シロップ薬の入っている容器のふたを使うことも厳禁です。赤ちゃんの口をつけることで唾液が混入する恐れがあります。シロップ内に雑菌が混入するきっかけになるので控えましょう。

シロップ薬の保管

シロップ薬の保管は、しっかりフタをしめて冷蔵庫に入れてください。容器のふたが濡れていたり、汚れているとシロップに雑菌が混入します。かならず扱ったあとは汚れを確認してください。

冷蔵庫に保管していても、使用期限がきれたシロップは廃棄してください。ちなみに、赤ちゃんが飲み残したシロップは冷蔵庫に入れても保存はできません。シロップの甘味は糖質が含まれているので空気に触れると菌が繁殖しやすい特徴があります。飲み残しはその場で捨てましょう。