e-育児top子供の受験 幼稚園受験のメリット・デメリット

幼稚園受験のメリット・デメリット

幼稚園受験は附属なら内部進学の恩恵や、一貫教育の安定感が魅力的なメリットです。受験費用や保育料はデメリットになりがちです。

赤ちゃんとお兄ちゃん

2021/01/05

幼稚園受験のメリット

附属幼稚園なら内部進学のチャンス

幼稚園

小学校の付属幼稚園なら、内部進学のチャンスがあるので小学校への進学が有利になります。もしも小学校受験も考えているなら、附属幼稚園から入ったほうが安心感があります。内部進学は教育方針や理念も一貫しているので、子育てをしやすいと感じるママもいます。

小学校受験にも好意的

幼稚園受験をして入る幼稚園は、小学校受験も好意的にとらえるケースがほとんどです。附属幼稚園でないと小学校も考えなければいけませんが、幼稚園の帰宅時間が早めなので習い事や幼児スクールに通う時間があります。

教育環境が整っている

幼稚園受験をするときに気になるのは教育環境です。受験を通して自主性のある子どもが集まるので、自然と高めあうことが期待できます。幼稚園側も教育熱心なので、クラスが崩壊するほど人の話を聞かなかったり暴れてしまう状況になりにくいです。

幼稚園の先生もあまり頻繁に変わることがないので、子どもの性格を理解したうえで行き届いた指導が期待できます。

子どもに自信がつく

幼稚園受験は、子どもの達成感と自信に繋がります。物事に対して頑張ったり継続することは大変だけど、結果がついてくることを経験すると物事に積極的になります。

受験意識はなくても経験になるので、今後の進学を前向きに考えたりチャレンジする勇気がもてるメリットがあります。

幼稚園受験のデメリット

公立よりも高い受験費用

受験費用

幼稚園受験の際は願書と一緒に選考料も支払います。さらに受験に向けて子どもを幼児教室やリトミック、水泳や英会話などの習い事に通わせる家庭も少なくありません。

毎月の費用に加えて、合格後の入園料や制服など必要経費も準備しなければいけません。また、月々の保育料も公立より高くなるデメリットがあります。でも子どもへの教育費用なので無駄ではありません。どこまで準備できるかを家庭で話し合う必要があります。

交通費がかかる

受験をして入園する幼稚園は、近所で歩いて行ける場所ではないことが多く、バスや電車など交通機関を利用して登園する家庭も少なくありません。親も送り迎えをするとなると親子の交通費がかかります。

ママのお付き合いもある

これはデメリットにならない人もいますが、同じ受験を乗り越えた幼稚園ママ同士のお付き合いが負担になるケースもあります。有名私立幼稚園の場合はそれなりの収入のある家庭も多いので、交際費が予想以上にかかると困ります。

デメリットも受け入れる

幼稚園受験は費用面でのデメリットが目立ちますが、内部進学による一貫教育への期待や整った環境設備、同じように受験を経験した友達と高めあうメリットも魅力的です。費用面は子どもの将来や可能性への投資と考えれば、無駄使いしているわけでもありません。

デメリットは避けて通れない道なので、覚悟を決めて受け入れるほかありません。そこも幼稚園受験を考えるうえで難しいポイントです。

\ Pic Up /