斜視(しゃし)

斜視とは、どちらかの目の視線の向きがずれ、左右別方向を見ている目の状態。常に斜視状態なら恒常性斜視、眠い時に一方の目がずれるのは間歇(かんけつ)性斜視。間歇性斜視の場合は、普段は普通の状態なので気付くことが遅れがちです。

斜視の症状と治療法

正面から見ると一方の黒目は真っ直ぐなのに、もう片方は別の方向を見ています。

斜視は外見的に分かりやすいタイプが多く、指摘されやすい症状です。子供間の悪意のない会話や指摘でも、本人は傷付く場合もあります。治療中は親や周囲のケアと、精神的な支えでフォローしてあげます。

調節性内斜視

内側に向かって、寄り目になっている状態は内斜視と呼ばれます。

中でも、物を見つめている時に寄り目になる場合は調節性内斜視。遠くも近くも焦点が合わず、目の調節力を使おうと寄り目になります。遠視矯正用の眼鏡をかけることで、調節性内斜視は治ります。

非調節性内斜視・乳児内斜視

生後1年以内に発症する内斜視の為、乳児斜視とも呼ばれます。右を見る時は左目を使い、左を見る時は右目を使うのが特徴。

早期手術が必要で、なお且つ3歳頃から両眼視機能訓練を勧められます。乳児期の短期間で発症する為、普段の写真と受診時の写真を見比べて診断する事もあります。

外斜視

内斜視とは逆に、黒目が外側を向いている状態を外斜視と呼びます。

幼児期に現れ、遠くを見ている時や疲れている時に現れます。内斜視よりは目の機能問題に対する影響は少ないが、手術で治ります。しかし外斜視の状態が長く続くと視力に負担をかけて、視力低下の発端にもなりかねません。1度受診して、眼科医の指示を仰ぐと安心です。

仮性斜視

赤ちゃんに最も多い斜視の症状です。赤ちゃんは両目の間が離れ気味で、大きな黒目で白目が隠れがち。その為、離れた黒目だけが目立ってしまい斜視と間違えやすいのです。

これは斜視と間違えやすい状態なだけで、目の機能には問題ありません。成長とともにパーツのバランスが取れるので大丈夫です。ただ、周囲も勘違いして心ない言葉をかけることがあるかもしれません。もしも仮性斜視と診断された場合、母親が仮性斜視を理解しておくことで、不用な言葉に傷つくことも減ります。

斜視の原因

中枢神経の病気や眼筋異常、遠視や網膜障害と関連しています。しかし乳児内斜視のように、産まれながらに斜視の傾向がある場合もあります。片目だけ視力が極端に弱いと、一生懸命見ようとバランスを崩して斜視になることも。

また、斜視になった目をかばったり、使わないようにして更に視力バランスを失う傾向に。両目で見て遠近感や立体感をつかむ両眼視機能の発達も妨げられます。視力バランスが崩れると視力が落ち、弱視の原因にもなります。

赤ちゃんの視力

赤ちゃんの平均的な視力成長は、6ヶ月0.06、1歳では0.25まで上がります。更に2歳で0.6、3歳では1.0まで急速に発達します。

視力が成長すると共に、遠近感や立体感も身に付きます。たった数週間の眼帯使用でも視力の発達を鈍らせます。

一方で成長過程の矯正は、大人になってから治療するよりもリスクが少ない利点も。医師と相談しながら早めの対処を決めることで精神的負担も軽く、治療に向き合えます。