太田母斑(おおたぼはん)

太田母斑とは、片側の目の周囲から頬にかけてできる青褐色や赤褐色のあざ。たいてい思春期に現れますが、生後1年前後でも現れる事があります。特に東洋の女性に多く現れることが知られています。

太田母斑の症状

太田母斑は顔の片側の目の周囲から頬にかけて現れます。
大きさや形は境界線がはっきりしないため様々です。まれに両側に現れます。

色は単一に定まらず、青、赤色に褐色の混ざった混合色。
最初は顔をどこかにぶつけて出来たあざにも見えます。
しかし、あざにしては広範囲で境界線がない事が特徴。

乳幼児期に現れた母斑は、ごく薄い色素が多いようです。
思春期になるにつれて、あざの色味が濃くなる傾向にあります。

痛みや痒みはなく、赤ちゃんの頃は本人よりも周囲が気にする症状。
皮膚が盛り上がる事はありませんが、場合によっては眼球にも青みが出ます。

太田母斑の原因

太田母斑の現れる原因は、はっきりしていません。遺伝は認められていません。先天的な理由があると言われています。

あざが顔表面に出る原因は、肌の色素細胞が増えている事が原因。皮下組織でメラニンが増殖する為、肌が青っぽくなります。

太田母斑の治療

現在、太田母斑の治療にはレーザーが用いられています。太田母斑は悪性ではありませんが、外見的な悩みから治療を要する事がほとんどです。

肌表面のあざ部分にレーザーで波長を合わせて照射すると、あざ部分に効果があります。あざ部分の色素細胞を壊滅させて、あざ自体を消滅させます。

特に赤ちゃんの肌は薄く他の湿疹もない状態ならば、綺麗に壊滅できます。しかし治療は1度では済まない場合が多い為、根気よく続ける事が大切です。痛みを伴う為、本人の意思を尊重した治療が望ましいです。

レーザー治療は回数が多く痛みを伴う為、本人の負担も大きい治療です。しかしながら太田母斑にはレーザー治療の効果が高く期待できます。

保険適用も可能なので、あざの濃さや本人の気持ちを踏まえて治療しましょう。治療中は局所麻酔や顔にガーゼを貼って保護したりします。最初の数回は、あざが濃くなったように見える事も。精神的にも十分なケアと、休養のある生活をおくりましょう。