モロー反射

モロー反射とは、赤ちゃん特有の原始反射のひとつで、顔を正面にして寝かせてから頭をささえて少し引き起こし、急に頭部を支えていた手を緩めてみると、赤ちゃんが手を前に突っ張る仕草をすることです。

モロー反射は原始反射のひとつ

赤ちゃんの神経が未発達な為、生後間もなくはモロー反射が出現します。成長過程にとって必要な原始反射のひとつです。オーストリアのエルンスト・モロー医師が発見したので名付けられました。

一説では昔から人間が母親に抱きつくしぐさの遺伝だと言われています。

モロー反射の時期

モロー反射は原始反射の1つで、新生児から3ヶ月頃まで見かけることができます。モロー反射が消失すると首座りなどの首の動きが発達すると考えられています。その為、モロー反射は神経発達の過程の1つと考えられています。

何度も繰り返す赤ちゃんもいれば、時期的なものであまり繰り返さない赤ちゃんもいますが、回数の多い少ないの差は特に問題ありません。意外と誰も見ていなくても、自然に反射行動を起こしていたりするものです。

モロー反射の症状

先ず、赤ちゃんをベッド等の頭と体を保護できる場所に寝かせます。頭を30度ほどそっと上げたら、突然、頭部を支えていた手を離します。あまり高い位置から手を離すと恐怖心が生まれるので、少し上げる程度で大丈夫です。

すると、赤ちゃんは抱きつくように前面にむかって腕を広げて上げます。何かに抱きつくようなしぐさをみせ、指先までピンと伸ばします。

あるいは、扉や窓を閉める音にも反応します。眠っていてもドアの開閉に反応して手を伸ばしている姿も見られます。まぶしい光や風に当たってもモロー反射が出ることがありますが、目が覚めていても眠っていても反応するので病気ではありません。

モロー反射の対処

時々、モロー反射のあとで赤ちゃんが大泣きします。これは母親から離れてしまう不安感もあります、ゆっくり優しく抱きしめて安心させてあげましょう。

また、モロー反射が見たいが為に大きな音や風をあてる行為を繰り返すと、赤ちゃんは恐怖心が芽生えて対人関係や周囲に積極的になれないので、むやみに音をたてることは控えましょう。モロー反射の回数は成長の良し悪しには関係ありません。