鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)

鼠径ヘルニアとは、足の付け根部分に腸など腹腔内の臓器の一部が飛び出している症状です。男の子に多く、陰嚢にこぶができることもありますが、多くは自然と治ります。外科手術も可能。

鼠径ヘルニアの症状

鼠径(そけい)部に、腫れぼったいこぶが出来ますが何もしなければ無痛。

お腹の中の小腸や大腸等の臓器が飛び出して、外見的に分かることもあります。男の子に多い病気ですが、女の子の場合は堅い卵巣や卵管が飛び出します。特に力んだり泣いた時に、お腹に力が入って鼠径部が膨らむ時は、鼠径ヘルニアを疑います。

飛び出した臓器のこぶは、手で優しく押すと戻り、腹部に主税を入れない時も出っ張りません。赤ちゃんは股の両側にできやすく、おむつ替えや泣いている時お母さんが気が付くのがほとんど。

触っても痛みはありませんが、放っておくと症状が酷く大きい突起になる可能性があります。

鼠径ヘルニアの原因

赤ちゃんの鼠径ヘルニアは、ほぼ先天的理由です。お腹の壁の裏の腹膜の突起が出生後も開いたままになっていると鼠径ヘルニアになります。腹圧が高くなった時に小腸等の臓器が、開いたままの袋の中に入って膨らみが突起します。

腹膜鞘状突起が開いたままの状態をヘルニアサックと呼びます。この中に腸が飛び出すわけですが、先天的になる理由は定かではありません。

新生児の鼠径部分には、腹膜鞘状(しょうじょう)突起と呼ばれる線の様な下降経路が。これが袋になって鼠径部の筒の中に侵入して、飛び出します。

男の子は、胎内で赤ちゃんの精巣が腹部から睾丸に移動します。この時、腹膜が睾丸内または鼠径の管まで下降して膨らみが出てしまいます。普通は生まれた後で腹膜が閉じますが、閉鎖しないと先天性ヘルニアと診断されます。

鼠径ヘルニアの治療

大人と違って赤ちゃんの場合は、ほとんどが自然と治まっていきます。しかし再び繰り返す可能性もある為、様子を見て手術で完治させる事も可能。小児の外科手術でも、鼠径ヘルニアの治療手術は大変多く珍しくはありません。

しかも赤ちゃんの鼠径ヘルニアの外科手術は、大人と違って簡単です。2~3㎝切開したら腹膜のヘルニア嚢を切り取る、または突起をを腹腔内に戻します。そして、ヘルニアサックを縛るのが手術内容で、入院も数日です。

この手術は短期間で済む上に、2ヶ月の赤ちゃんも可能。鼠径ヘルニアの赤ちゃんは20~30人に1人の確率です。その為、鼠径ヘルニアになった赤ちゃんが完治の為に手術をする事は珍しくありません。

ヘルニアかん頓

通常、飛び出た出っ張りは手で優しく戻せば、元通りになります。これが戻らずに、ヘルニア部分に腸管が詰まった状態になるとヘルニアかん頓(へるにあかんとん)になります。

かん頓は詰まって締め付けられる分、痛みを持っています。詰まった箇所から血行障害をおこし、腹痛、吐き気、嘔吐など腸閉塞の症状が出ることがあります。鼠径ヘルニアの子供が、突然激しく泣いて痛みを訴えた時は、かん頓が疑われます。