トラブル

トラブル

小児科に行く前の症状チェック

赤ちゃんが体調を崩している時は、病院で慌てないように簡単なチェックをしながら通院してください。 病気の赤ちゃんの治療方法は、体温だけが判断材料ではありません。便の様子や授乳の有無でも変わります。 赤ちゃんにとって適切な治療が行われるよう...
トラブル

春から始める布団ダニ対策

春はダニが活発化 ダニは1年中活動していますが、ダニが増殖しやすい季節といえば梅雨や夏のイメージがあります。実際は春からダニは活動しています。 春になって「ポカポカして動きやすい季節になった」と思ったら、植物も盛んに成長し始めます。同じよ...
トラブル

MR(麻疹と風疹)をやさしく解説

MRとは麻疹(はしか)・風疹(ふうしん)ワクチンのことです。麻疹は英語で「measles」、風疹は「rubella」と書くので頭文字をとって「MR」と呼ばれています。麻疹も風疹も感染力があるのに確実な特効薬がありません。MRの予防接種や病気...
ads
トラブル

ポリオをやさしく解説

ポリオとは ポリオとは、急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん)を予防するためのワクチンです。 ポリオはBCGと並んで早めに接種する予防接種の1つですが、2012年9月からは今までの生ワクチンから不活性化ワクチンへと変わりました。ポリオ...
トラブル

BCGをやさしく解説

BCGとは、結核予防ワクチンの予防接種のことです。BCGは国が定めた定期接種なので、だれもが接種する予防接種です。 BCGが産まれてから最初の予防接種になる赤ちゃんも多く、初めての予防接種と生ワクチンに不安を感じるママも多くいます。納得し...
トラブル

赤ちゃんの水ぼうそう予防接種

春~夏は水ぼうそうの流行する季節です。乳幼児期の水ぼうそうの予防接種をして乳幼児期の感染を防ぎたい一方で、大人になってから感染する大変さを考えて乳幼児期に感染させたいと考えるママもいるようです。両方の立場になって、水ぼうそう予防接種を考えま...
トラブル

初めての熱性けいれん

赤ちゃんは高熱から、熱性けいれんを引き起こすことがあります。「ひきつけ」とも呼ばれ、けいれんしたことを「ひきつけた」と言う人もいます。熱性けいれんの症状を初めて目のあたりにしたママは、驚いて焦りがちです。熱性けいれんの主な症状と、ママに求め...
トラブル

赤ちゃんの深夜早朝の急変、どうする?

赤ちゃんの体調が深夜や早朝に変化した時は、保護者の判断がとても重要です。様子を見て朝一でかかりつけ医に相談するか、または夜間・休日診療や救急に相談します。いつ受診するかの判断は保護者にとって悩むところです。 赤ちゃんは、大人と違って診療時...
トラブル

赤ちゃんに、かかりつけ医は必要?

かかりつけ医とは、常に自分の体調を見てもらう身近な医師のことです。かかりつけ医を決めておくかおかないかは個人の自由です。 かかりつけ医は普段から健康管理や体調不良を相談できる医師なので、よく考えて決めましょう。体の不調や、健康について1番...
トラブル

赤ちゃん(1歳未満)の発熱、高熱

赤ちゃんは大人よりも体温が高めなので、37度でも元気にしていることも見られます。でも、赤ちゃんはママからの免疫を受け継いでいるとはいえ、高熱で失われる水分と体力に対抗できる体は出来上がっていないのが現実です。 1歳未満の赤ちゃんの高熱を放...