あせも

あせも

あせもに強くなるポイント

夏のあせも(汗疹)に悩む赤ちゃんとママが実践できる、毎日のあせも対策を紹介します。あせも対策の重要ポイントは継続することと、あせもが発生しやすい場所を把握することです。 あせもの発生場所を知る 赤ちゃんの肌をよく見てください。あせもの発生す...
あせも

あせもの見分け方

あせもには、大きく2つの種類が見られます。新生児のあせもは、無色透明のあせもが多く、これを水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼びます。もう1つは、あせもと聞くと思い浮かべる赤い発疹の紅色汗疹(こうしょくかんしん)です。 あせもと聞くと...
あせも

頭皮のあせも

あせもは、頭皮にもできます。特に赤ちゃんは授乳やお昼寝だけで頭皮が髪までびっしょりになるほど、汗をかくことがあります。 汗をかいても腕や顔のように、すぐに濡れタオルや流水で拭き取りにくいのが頭皮の汗の厄介なところです。 頭皮にあせもがで...
あせも

あせも治療とステロイド

あせも治療に使われる薬 あせもの治療にはステロイド薬、非ステロイド薬、桃の葉等の民間療法があります。あせも治療に使われる薬は、最も改善したい症状によって異なります。 市販の薬も多く見られますが、赤ちゃんは皮膚が薄く、肌も敏感なので薬の処方...
あせも

あせも治療は早めに

真夏は赤ちゃんの肌に、最もあせもができる時期です。あせもができると赤ちゃんは不快感から不機嫌になり、ぐっすり眠れなくなるケースも見られます。 あせも自体は1年を通してすべての季節にできる症状です。しかし、真夏は特にあせもができやすい条件が...
あせも

あせも肌の入浴方法

あせものある肌の入浴には、いくつかの注意点があります。日本は湿度の高い季節が長いので、汗をかきやすく、お風呂で汗を洗い流すことは大切です。でも、熱いお湯で患部をゴシゴシこすったら、あせもはもっと悪化してしまいます。 あせも肌の入浴温度 あせ...
あせも

あせも対策(おなか)

赤ちゃんのお腹は、肌が柔らかくて汗が停滞しやすいので、あせもができやすい場所です。あせもが発生しやすい条件と、家庭で気を付けたいお腹のあせも対策を紹介します。 赤ちゃんのお腹の特徴 赤ちゃんのお腹の特徴を挙げます。 筋肉がなく柔ら...
あせも

あせもの応急処置

あせもを発見したら、応急処置をしましょう。患部の悪化を防がないと、あせもが悪化したり増殖する恐れがあるからです。特に痒みには気を付けます。ママが気を付けていても赤ちゃんは不快感から、患部をかきむしってしまいます。 あせもに応急処置をするこ...
あせも

赤ちゃんのあせも対策(首)

赤ちゃんの首にあせもができる理由と、あせもを予防する洗いかたをわかりやすく紹介します。赤ちゃんの首は大きなシワがあるので皮脂汚れや汗がたまりやすく、あせもが広がりやすい特徴があります。 赤ちゃんの首の特徴 赤ちゃんの首の特徴を紹介します。大...
あせも

あせもを作らないコツ

赤ちゃんのあせもを作らないコツを、やさしく紹介します。汗っかきの赤ちゃんと、あせもは切っても切れない関係です。肌に汗を残さないことが、1番のあせも対策です。 汗を吸収しやすい生地 赤ちゃんの下着や衣服、寝具は汗を吸収しやすい素材を選びましょ...