年末年始のノロウイルス対策

ノロウイルスの主症状と家庭での対策、初期対応の徹底をわかりやすく説明。年末年始は、全国的にノロウイルスの流行に注意してください。赤ちゃんは下痢と激しい嘔吐によって短時間で脱水症状になることが心配です。

ノロウイルスの感染経路

ウイルス

接触感染

ノロウイルスの感染経路は感染者の吐しゃ物や便、そのウイルスが付着したままの手で触った場所から広がります。

赤ちゃんの場合は、どんなものでも舐めたり触ったりするので感染の機会が多いです。家族の誰かが感染すると、ドアノブや手すりから簡単に感染拡大するので全員でノロウイルス対策を徹底したいです。

飛沫感染

ノロウイルスの含まれた吐しゃ物や便の飛沫を吸入して周囲に広がります。マスクをして手洗い消毒を心がけると、ウイルスは体内まで侵入しにくくなります。

経口感染

生ガキや井戸水に含まれるノロウイルスから感染するケースもあります。ノロウイルスが付着した手を消毒せずに調理した場合、食事をした人にノロウイルスが感染する恐れがあります。ノロウイルスを予防するためにも新鮮で保管状況のよい食材選び、清潔な調理を心がけましょう。

空気感染

ノロウイルスの感染者の吐しゃ物や便を放置すると、乾燥してウイルスが空気中に浮遊します。家族の誰かがノロウイルスに感染したら、二次感染を予防するために吐しゃ物や便はすぐ廃棄してください。汚れた部分はしっかり掃除して除菌することをおすすめします

ノロウイルスの主症状

ノロウイルスは「感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)」とも呼ぶように、胃腸にダメージを与える病気です。激しい嘔吐は食事をしていなくても続くので、あっという間に体内の水分を排出してしまいます。

ノロウイルスによる下痢症状は大人でも体力を消耗するほどです。赤ちゃんは嘔吐や下痢で体内の水分を失うので、短時間でぐったりする可能性もあります。唇が渇いたり、血色が悪く泣き声も小さいときは脱水症状が進んで危険な状況になっています。ホームケアでは限界があるので、早急に病院に連れて行ってください。

食器の洗浄と殺菌

ノロウイルスは唾液や、家庭では食器の洗浄と殺菌を心がけます。同じ食器を洗わずに使い続けたり、コップを回し飲みすることは避けましょう。食器は除菌効果のある洗剤で洗い、空気中を浮遊するウイルスが付着しないように乾燥させてから片付けてください。

公共の遊び場に注意

公共の場など、多くの乳幼児が自由に使うおもちゃにも気を付けてください。あまり清潔が保たれていない場合は、ノロウイルスをはじめとする飛沫感染のウイルスがおもちゃに残っている可能性もあります。各自が手洗いをして清潔につかうことを心がけたいです。

ノロウイルスは感染力の強さが体調が悪いときは免疫力が落ちているので人が集まる場所に行くことは最小限に抑えてください。

年末年始のノロウイルス対応

もしも年末年始や深夜早朝にノロウイルスと疑われる症状が見られたら、少量ずつの水分補給をこまめに続けます。嘔吐下痢症状が続いている間、体力をつけようと食事や水分補給を一気にすすめるとさらに嘔吐と下痢が増える可能性があるのです。もしも食事をするなら、胃腸を刺激しないよう少量ずつ食べます。

ノロウイルスの厄介なところは、専用の特効薬がないことです。体力を保持しながら症状を落ち着かせるまで対処療法が続きます。

赤ちゃんは体力と水分が急激に失われます。病院の診療時間まで待たずに、すぐに相談してください。短時間で命にかかわるレベルに悪化することも考えられるので、大人と同じように我慢させることは厳禁です。

年末年始のかかりつけ医の診療時間や、緊急時の応対を確認してください。診療時間外のときは救急病院など相談できる連絡先を、あらかじめ調べておくと安心です。

参考:厚生労働省ノロウイルスに関するQ&A

参考:朝日新聞デジタルノロウイルス、大流行並み 全国の感染者、4年前に迫る