生後2ヶ月の遊び

生後2ヶ月の赤ちゃんは視界が広がり、手指でなにかを触れたくなる興味津々な時期です。感触を楽しむラトルの選びかた、ねんねで遊ぶベビージムのメリット・デメリットも説明します。

やわらかいラトル

ラトル生後2ヶ月の赤ちゃんは、だんだんおもちゃに興味をもって自分で触りたくなります。とはいえ、上手に持つことができないので触ったと思ったら落としてしまうことの繰りかえしです。でも赤ちゃんにとって楽しい遊びになります。

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、おもちゃなど手に取ろうとしたものを顔の上に落としてしまうことも多いので、硬いおもちゃや先端のあるものは持たせることができません。もしも顔の上に落としても怪我をしないように、柔らかいパイル素材のおもちゃが安心です。

小さすぎても誤飲が心配なので、赤ちゃんの小さな手にあったラトルがおすすめです。振ると内側から音の出るタイプや、ドーナツ型などはっきりとした形が人気です。やがて自分で持つようになるので、汚れたら家庭で洗濯できる素材が便利です。柔らかさの基準としてはタオルをクルクル丸めたくらいなら大丈夫です。飾りがついているものは誤飲が心配です。

最初はパパやママがラトルを持って、赤ちゃんの視界に入るところで振ってみたり、ゆっくり動かして遊びましょう。

赤ちゃんと発声練習

生後2ヶ月赤ちゃん生後2ヶ月の赤ちゃんの視力は、だいたい0.05程度です。まだ遠くのものを見たり、自分できょろきょろ視界を変えることは難しいのですが、パパやママをじっと観察するようになります。

パパやママの顔を見るようになったら、優しい声で「あー」と言ってみたり、繰りかえし言葉を言ってみましょう。赤ちゃんも一緒にまねして話したくて、口をもごもご動かすことがあります。

たまに赤ちゃんも声がちょっと出るようになります。「あー」「うー」と会話をしている真似をしていたら、赤ちゃんの発声を真似したり「上手に話せたね」と返事をしてあげてください。

赤ちゃんは低くて怖い声よりも、優しくて落ち着く声が好きです。ガミガミ大声で叱ったり怖くなるような声はびっくりしたり不安になることがあります。早口よりはゆっくりが聞き取りやすいようです。

手足の体操

赤ちゃんの足生後2ヶ月になると赤ちゃんの体つきもしっかりしてきます。おむつ交換や、機嫌のよいときは手足の体操で体を動かす遊びをしてみましょう。

手の運動は握手からはじめます。赤ちゃんと握手して、そのまま腕を左右にゆっくりゆらします。体が揺れるほど動かさず、腕を揺らす程度です。

足の運動はおむつ交換や沐浴後がおすすめです。まずは足をまっすぐ伸ばすイメージで両足の側面をおしりから足首に向かって、手のひらで伸ばすように撫でます。一気に足首まで撫でると気持ち良いようです。それから足首あたりを優しくもって、片足ずつ屈伸させます。ゆっくり動かして、赤ちゃんが嫌がるときは止めましょう。

便秘の赤ちゃんは、お腹も「の」の字にクルクルさすってあげると効果的です。手足の体操をするときは授乳後や体調の悪いときを避けてください。乾燥肌は気になるときは、パパやママの手のひらにベビー用の保湿剤を塗ります。

生後2ヶ月の手足の運動は、赤ちゃんにとって長く同じ姿勢をしているときの気分転換にもなります。気楽に力をこめないことがコツです。

手足の体操に、繰りかえし言葉をくわえると赤ちゃんが楽しみやすくなります。「いち・に・いち・に」と掛け声のように声を出してみましょう。

お散歩探検

生後2ヶ月になると、天気の良い日はお散歩が楽しくなります。買い物だけではなく、お散歩のためにも外出してあげましょう。ルートを変えると赤ちゃんに様々な景色を見せることができます。

生後2ヶ月のお散歩のコツは、授乳時間の間と考えてそれまでに帰宅できる距離か、授乳室を見つけておくことです。まだ授乳時間が2~3時間おきなので空腹で困らないようなスケジュールを立てます。

生後2ヶ月頃のお散歩は、赤ちゃんの遊びと同時に昼夜の区別をつけます。特に夜なかなか眠らない赤ちゃんにはおすすめです。

ベビージム

そろそろ、おもちゃに手を出そうとしているようならベビージムがおすすめです。ベビージムはメリーのように、赤ちゃんの頭上から音のなるアイテムや、色や形の特徴的なアイテムがアーチ状に吊ってあります。ベビージムについているおもちゃは、赤ちゃんが手を伸ばして引っ張ったり触ることを前提に作られているので安心です。

生後2ヶ月では、おもちゃに手が届かないことも多いのですが揺れているおもちゃをじっと見つめたり、形や色を楽しむことができます。

ベビージムのメリットは、ほとんどがマットとセットなので赤ちゃんを寝かせて遊ぶ場所を確保できることです。マットは赤ちゃんの喜ぶカラフルな色や、汚れがすぐに拭き取れる防水シートです。

デメリットは、マットを敷くだけのスペースを確保しなければいけないことです。ただ、これからおすわりやハイハイが始まると、もっと床スペースを空けることになるので、早めに遊びスペースを作るのも無駄なことではありません。

(楽天)
丸ベビージム
(Amazon)
丸ベビージム空