カンガルーケア

カンガルーケアとは、新生児を母親の裸の胸に抱いて密着させることで結びつきを強める行為です。出産後に分娩室で母親の肌と密着させて授乳することで、赤ちゃんも母親との絆を感じると言われています。現在、多くの産院で勧められている親子のコミュニケーションです。母親だけでなく父親もできます。

カンガルーケアの効果

・生まれて間もない赤ちゃんが母親の肌に密着して、一定の体温を保てる。
・母親に抱かれていることが胎内でいた時に似ていることで安心感を与える。
・母親の鼓動や呼吸を赤ちゃんも感じ取ることができる。
・母親の常在菌が赤ちゃんの免疫を作る手助けをする。
・赤ちゃんが安心して、眠りが深くなる。 ・泣いている赤ちゃんを落ち着かせる。

・母乳が出やすくなり、母乳保育に積極的になれる。
・産後の疲れた母体を赤ちゃんが癒してくれる。
・小さなわが子を抱くことで親の自覚が強くなる。

カンガルーケアの由来

カンガルーはお腹のポケットに赤ちゃんを入れて育てます。常に赤ちゃんと密接な距離で育児をしているのです。カンガルーケアという呼び名は、赤ちゃんを母親が肌を密着させて包み込むように抱くさまが、カンガルーの親子に似ていることから名付けられました。

もともとは保育器の足りなかった貧しい国で、赤ちゃんを温める策として母親の肌に密着させて授乳していたことが始まりです。親子のコミュニケーション手段の1つのように捉えられていますが、最初は赤ちゃんの体調を落ち着かせる為の行為だったと考えられます。

カンガルーケアの行い方

産院でカンガルーケアを行う時は、親の同意はもちろん、医師の許可を得る必要があります。赤ちゃんの体温や呼吸に異常がないか、医師が判断します。時間を決められる場合もありますが、新生児は体力の消耗が激しいので、あまり長くは行わないようです。バースプランに取り入れtw

先ず出産後の母体と赤ちゃんの状態が良い場合に限ってカンガルーケアは許可されます。母親は赤ちゃんを抱いて肌を密接させる胸の部分の衣類をとっておきます。赤ちゃんにかからないように、髪が長い方は結んでおきます。

赤ちゃんは産後に処置が終わったらおむつをはかせて母親の元へ。母親の胸に乗せると、無意識に乳首を探して授乳が始まります。赤ちゃんの体温は不安定なのでバスタオルをかけてあげます。バスタオルをかけたり、母親の衣服をかけてあげると少し体に重みがかかって赤ちゃんは安心感がでます。もちろん優しく話しかけることも、身近な存在と認識させる効果的です。

カンガルーケアの注意点

カンガルーケアを行う際は医師も最善の注意をはらっています。特に生後間もない赤ちゃんは体温や呼吸、羊水が体内に残っていないか等のチェックが必須です。それらのチェックが全て通ってはじめてカンガルーケアを行うことのできる状態になります。医師の指示を仰ぎ、自分の判断で行うことのないようにしましょう。

特に生後1時間程度に赤ちゃんは呼吸の変化が心配なので、あまり焦らずに呼吸や顔色も確認しながら進めていきましょう。

カンガルーケアによる落下事故も起きています。ベッドに寝た状態で赤ちゃんを胸に乗せて抱くので、きちんと支えていないと赤ちゃんが左右から落下してしまう恐れがあります。産院では医師や助産師さんがサポートしてくれますが万が一、退院後の家庭で行う時は、母親は細心の注意を払う必要があります。時間を決めて、誰かが傍でサポートしてくれる体制で行うと安心です。

カンガルーケアの事故

カンガルーケアを単なる肌の密着と考えて行うと、知識の不足から危険なこともあります。実際挙げられているカンガルーケアによる事故は以下の例が報告されています。

・分娩室で母子以外のスタッフがサポートできずに落下。
・室内温度が低く、裸の新生児が低体温に陥った。
・呼吸に異常をきたした。
・分泌物を詰まらせていた。

カンガルーケア自体は親子の絆をいっそう深める行為ですが、赤ちゃんを危険にさらさない環境作りとサポートの準備も考えて行いましょう。もしも自宅で行いたい時は、産院や専門のスタッフによく指導してもらいます。

特に出産後は母体も疲れているので、細やかな注意が払えないこともあります。必ず誰かに一緒にいてもらい、赤ちゃんの様子を見ながら母子の体調第一で行いましょう。



カンガルーケアを検索

Loading...

*Web上の、カンガルーケアに関係する「イメージ」「ブログ」「ニュース」の最新情報を検索して表示しています。