卵アレルギー

卵アレルギーとは、鶏卵を摂取することで様々なアレルギー症状を起こすことです。乳幼児のアレルギーの原因食物では最も頻度の高いものです。一般的に知られているのは鶏卵によるアレルギーですが、魚卵でアレルギー症状をおこす赤ちゃんもいます。

卵や牛乳のアレルギーは乳幼児ではポピュラーなアレルギー食品ですが、大人になると減ります。

食物アレルギー

卵アレルギーも食物アレルギーの1つです。食物アレルギーとは栄養的にも衛生面でも問題がなく、人が食べても害のない特定の食物を食べることで体に様々な反応が出現することです。

対象食品は様々ですが、多く見られるのは卵や牛乳、大豆など普段の食生活に密着した食品です。治療にステロイド外用剤が処方されることもあり、慢性的な使用から薬に頼る治療に悩むことも。

卵アレルギーの症状

アレルギー症状の強さや目立つ症状には個人で差があります。多くみられる症状はアナフィラキシ-ショック、じんましん、嘔吐、発熱、下痢などです。同じ卵アレルギーでも、じんましんだけの赤ちゃんもいれば、発熱と嘔吐症状が出る赤ちゃんもいます。

卵アレルギーのアナフィラキシ-ショック

卵アレルギーのアナフィラキシ-ショックとは、卵が胎内に入ることで急性の全身症状が起きることです。抗原が血液中に入り、卵に対する抗体が反応します。顔面蒼白や発汗、心拍数の増加が見られます。特に喘息の赤ちゃんはアナフィラキシーショックを起こしやすいと言われています。

卵アレルギーの原因

卵アレルギーの原因は君よりも卵白にあります。卵白に含まれるオボムコイド(卵白ムコイド)、オボアルブミン(卵白アルブミン)という成分が主な原因です。これらの抗原(アレルギーの素)を摂取することによって、アレルギー反応が起こるのです。

卵アレルギーの対処

卵アレルギーにだけでなく、乳幼児がアレルギー食品とするもののほとんどが成長に必要な栄養素を多量に含んでいます。ですから、卵アレルギーだからと卵やその成分が入っている食品を除去するだけでは、子どもの成長に必要不可欠な栄養が不足する恐れがあります。除去とともに代替食品で栄養の偏りを補いましょう。

現在は子どものアレルギーが増えています、その為、アレルギーの赤ちゃん専用のミルクや離乳食も作られています。アレルギー除去で作る食事はもちろん、おやつやバースデーケーキもあって、子どももアレルギーで食事を我慢することなく食育を楽しめるようになってきました。

最初は除去食品メインで、成長に合わせて様子を見ながら

卵と必須アミノ酸の関係

人間の体を構成するたんぱく質を作るのは、たった20種類のアミノ酸です。その中でも、体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。卵は必須アミノ酸をバランスよく含むすぐれた食品なのです。

体内のアミノ酸がバランスよく存在している状態をアミノ酸スコア100と表します。これを除去食品で補えるのなら、卵にこだわらなくても大丈夫です。たんぱく質の量だけで考えると、同じ量でも卵よりも木綿豆腐の方が含有量は高いです。

卵アレルギーの主な食品例

以下が強くアレルギー反応と結び付く除去食品です。
抗原が強いほど、アレルギー反応も出ます。

代替食品とは、卵不使用の際、代わりに摂取すると良い食品例です。この表はあくまでも一般論ですから、子どもに合わせた代替食品を医師にも相談して決めていきましょう。

当り前ですが、卵抜きで作れるメニューを知ることも大切です。食感をあまり変化せず代替食品を使用することが理想です。

抗原の強さ 除去食品 代替食品
最も強い 生卵、ゆで卵、卵焼き、うずら卵 魚介、豚肉、牛肉
強い マヨネーズ、茶碗蒸し、アイスクリーム
カスタードプリン、ババロア
アレルギー用マヨネーズ、フローズンヨーグルト、フルーツシャーベット、寒天ゼリー
やや強い 練り製品、てんぷらやフライの衣、卵ボーロ、ケーキ、カステラ、ハンバーグのつなぎ タピオカ粉、片栗粉。衣は水溶きホワイトソルガムで代用
弱い 焼き菓子、菓子パン、今川焼、瓦せんべい 卵抜きクッキー、スコーン、ようかん、わらびもち

気が付きにくいものとしては、以下の例があります。
以外にも卵を使っている例が多い食品です。

卵は形を変えて様々な調理補助としても使用されています。卵料理だけではないので注意が必要ですが、最近では外食メニューにアレルギー食品の使用有無も記載されています。参考にしてみましょう。

外食で出るサラダ・・・乾燥防止スプレーに卵使用。
味付けのり・・・表面の光沢に卵使用。
こんにゃく・・・卵白で濁りとり。

卵アレルギーと予防接種

卵アレルギーの子どもは、麻疹、インフルエンザ、おたふくかぜの3つの予防接種の際に注意が必要です。接種前に主治医によく相談しておきましょう。

麻疹のワクチンには微量の卵白アルブミンが含まれています。影響力は低いと言われていますが、卵アレルギーを申告すると先に少量で皮内反応を実施して皮膚の状態を参考に接種をします。

インフルエンザのワクチンは3つの中でも最も鶏卵の影響を強く持っています。ワクチン生成には鶏卵の組織を培養して使用しています。卵アレルギーの有無は程度に関わらず申告しましょう。軽い卵アレルギーの子どもでも反応する場合があります。

おたふくかぜのワクチン生成には微量のうずらの卵成分が含まれています。あまり影響力はなく、おたふくかぜ自体が必ずかかる病気ではありませんが念のため心に留めておいてほしい情報です。



卵アレルギーを検索

Loading...

*Web上の、卵アレルギーに関係する「イメージ」「ブログ」「ニュース」の最新情報を検索して表示しています。