赤ちゃんと絵本効果

絵本の効果はいっぱい

本を読むことは大人にも沢山の収穫がありますが、赤ちゃんに絵本を見せたり読み聞かせることは、大人とは違った収穫を与えます。

絵本は赤ちゃんの成長をサポートし、豊かな心を育みます。字が読めなくても絵をみて刺激を受けたり、親子で絵本を見る時間が赤ちゃんを安心させます。0歳から赤ちゃんに絵本を見せたり読み聞かせることで、どんな効果が期待できるのか紹介します。

絵本で脳によい刺激

絵本のイラスト・文字がなくても絵で楽しめる。
・絵をみている時の集中力は大切。

絵本を選ぶ時に、ママが注意したいところは絵の色やラインです。0歳の赤ちゃんの視力はは、視力の悪い大人がメガネやコンタクトレンズを外した状態と似ています。

月齢の低い赤ちゃんほど、絵の縁どりがハッキリしていて色も判別しやすいイラストが適しています。それほど絵本のイラストは大切です。

言葉が理解できないうちは絵をじっと見つめることから始まります。赤ちゃんは、絵を見て脳に刺激を与えています。0歳の脳はシワが少なく、沢山のことを吸収しようとしています。どうせなら良質の刺激を与えたいものです。

大人にとっては絵本の内容も大切ですが、先ず赤ちゃんの読書は絵を見ることから始まります。大きな円はおもちゃのボールに似ていたり、リンゴやミカンを思い出します。だから絵を見ている時は集中力も養います。こうして赤ちゃんの脳は考えたり想像したり、刺激を受けて活発化します。

擬音で言葉を身近なものに

・真似しやすい言葉が多い。
・短文だから読み聞かせで聞きやすい。

0歳から読み聞かせをする時、「ぶーぶー」「じゃーじゃー」といった擬音が大活躍します。赤ちゃんはパパやママの真似をしてお話しようとすると、擬音の方が発生しやすいので絵本のセリフを真似ようとします。

赤ちゃんにわかりやすい擬音を聞かせることで、言葉をもっと身近にしてあげましょう。赤ちゃんは、パパやママの口の動きをよく観察しています。読み聞かせをしている時は、ゆっくり口を動かしたり小さな声にしたり、発声の楽しさを伝えることができます。

親子のコミュニケーション

絵本の読み聞かせ・短時間でも同じ絵を見て過ごす。
・赤ちゃんに語りかける時間ができる。

絵本の読み聞かせや、一緒にページをめくることは親子の大切なコミュニケーションの1つです。

例えば、赤ちゃんを膝に座らせたり片腕で抱きながら絵本を見せる時、赤ちゃんはパパやママの温もりを感じてリラックスしています。

抱っこしていなくても、絵本を一緒に見たりページをめくる時、親子の距離は近いのでスキンシップしながら読むことができます。

忙しい時に時間を共有することが難しいと感じているパパも、絵本1冊を通じて、同じものを見たり感じる時間を作ることができます。

赤ちゃんへ一方的に語りかけることが苦手な人も、絵本の読み聞かせで簡単に語りかけることができます。このように絵本は親子のスキンシップやコミュニケーションツールにもなっているのです。

生活習慣を覚える

・生活習慣をテーマにした内容が多い。
・言葉で教えるよりも簡単に理解してくれる。

赤ちゃんにとっては、朝起きて何をするのかもわかりません。口で教えると、できなかった時や覚えていない時には度も繰り返して教える必要があります。でも、それがお勉強のようになってしまったり、義務になるとストレスが溜まります。

絵本にはとても簡単に生活習慣がわかる内容もあります。朝起きて、歯磨きをしたり着替えることもイラストだけで伝える絵本もあります。

絵本で大まかな流れを教えることは、赤ちゃんにとってもイラストを見ながら想像できるのでとても分かり易いのです。

挨拶をテーマにしている絵本も多く、赤ちゃんは絵本の真似をして楽しく挨拶を覚えます。こんなふうに親が教えたい生活習慣も、絵本を取り入れて楽しい気持ちで覚えることができます。

テレビに頼らない時間

赤ちゃんとテレビ赤ちゃんは特定のCMに反応したり、子どもが出演している番組に興味を示します。夕食の支度など家事を進めたい時は、ついテレビを見せていませんか?

テレビも赤ちゃんに刺激を与えてくれますが、時に赤ちゃんにとってテレビの光や音は刺激が強すぎます。

テレビを見せている時間、赤ちゃんは夢中になって会話が無くなってしまうのでコミュニケーションはとれません。そんな時、家族はバラバラのことをしているかもしれません。これが長時間になったり習慣になると、必然的に赤ちゃんのコミュニケーションは減ってしまいます。

長時間見てしまう習慣がつく前に、その時間の少しでも絵本を見る時間に切り替えてみましょう。

ママの疲れも緩和

絵本の効果は赤ちゃんだけではありません。大人にも「絵本セラピー」という言葉があるように、絵本のもつ癒し効果が期待できます。

読み聞かせは赤ちゃんの為だと思っていませんか?心を落ち着かせて、絵本を読む時間を作るとママもリラックスできます。

絵本を一緒に見たり、読み聞かせてあげることは慣れないと疲れるものですが、ママも絵本を楽しんでください。簡単な言葉だけなので、気楽に読んでみてください。