離乳食でイライラしたら

離乳食を嫌がる、まずそうな顔をする、グチャグチャにする、好き嫌いがある赤ちゃんにイライラしたら読んでほしいページです。焦らずゆっくり何度でも離乳食をやり直して大丈夫です。

最初は食べないこともある

赤ちゃん赤ちゃんは離乳食や食材には興味があるけれど、それを授乳の代わりにするのは簡単な切り替えではありません。とてもお腹が空いてしまったら、今まで通り母乳やミルクで満腹になりたくて離乳食を嫌がることも。

体調や機嫌が悪いときは、ママとの授乳タイムで安心したがることもあります。そんなときは離乳食を食べなくても仕方ないと考えてください。

そもそも離乳食をいつ始めるか、どんな時間に食べるのかはママが決めているので、時には赤ちゃんの都合とかみ合わなくなることもあるのです。大人になっても家族間でお腹が空くタイミングがずれることはあります。そんな日もあるとリセットしましょう。

嫌がるのは自我がある証拠

離乳食を嫌がったり、自分で食べたがってご飯をグチャグチャにしてしまうこともあります。ママは「もったいない!せっかく作ったのに」と悲しい思いをしたり、マナーが悪いと叱ってしまうかもしれません。

離乳食を嫌がる理由は赤ちゃんそれぞれですが、ママに意思表示ができるのは自我が出てきた証拠です。新生児の頃と比べると性格や気持ちを伝えようとしていることがわかります。これも成長の証だと喜ぶ気持ちも忘れないでください。

好き嫌いはあって当然

離乳食を進めていると、なぜか決まった食材を嫌がることもあります。いろんな栄養素を摂ってほしいので好き嫌いがあると、栄養の偏りが成長に影響しないか心配です。離乳食で好き嫌いが出てしまったら、幼稚園や保育園に入ったときに困るのではないかと気になります。

基本的には卒乳が完了するまでは母乳やミルクで栄養素を補っているので、大きな影響はないと考えてください。好き嫌いにこだわって、無理に食べさせようとすると赤ちゃんは離乳食が楽しくなくなってしまいます。大人でも好き嫌いはあるので、赤ちゃんもあって当然だと考えてみてください。

ちなみに嫌いな食材も味付けや食感、調理方法を変えると食べることがあるので試してみてください。もしもゴックン期で嫌がっても、調理方法が増えるパクパク期には嫌がらずに食べるケースもあります。長い目で見守ってあげたいですね。

まずそうな顔は味覚発達サイン

離乳食をペロッと舐めただけで怪訝な顔になったり、まずそうに舌を出す赤ちゃんがいます。赤ちゃんのための薄味やペーストが気に入らないのかと気になってしまいますが、味や食感に反応しているのは味覚が発達しているサインです。

離乳食を拒否しているようで不安になるかもしれませんが、母乳やミルクとは違う味だとわかったことは喜ばしいことです。

服が汚れるのは集中しているから

赤ちゃんは離乳食を食べることに夢中になると、手指にソースがついたまま顔をこすってしまったり、服の袖が汚れてしまうことが頻繁にあるものです。スタイをしていても離乳食が終わったら着替えが必要な赤ちゃんは沢山います。

離乳食で服を汚すのは、それだけ離乳食を楽しんだり集中しているからなので、悪いことではありません。汚れが目立つときは洗濯しやすい服や汚れても構わない服を着せてみてください。着替えのできない外出時はスモッグが便利です。

母乳は心を落ち着かせる

抱っこ離乳食を始めても、母乳やミルクのほうが飲みたがるのは生まれてからずっと母乳やミルクしか飲んでいないのだから当然です。離乳食を残して母乳を欲しがる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんにとって、ママとの授乳タイムが心を落ち着かせる安定剤です。母乳やミルクまで飲めなくなったら体力が落ちて、離乳食どころではありません。「離乳食=すぐ卒乳」ではありません。最終的な離乳食完了は1歳~1歳半ころまでかかります。はじめての離乳食では「母乳と離乳食はセット」と考えてみましょう。

ママがお手本

離乳食は赤ちゃんが食べるものですが、食べることを教えるためにはお手本も必要です。パパややママがご飯を食べている様子をみると、離乳食を始める時期に近づいた赤ちゃんは口をモグモグ動かしたり、じっと料理をみたり、パパやママが食べている様子を興味深くみることがあります。赤ちゃんは、パパやママの食事の様子をみて「食べる」ということを知ります。

離乳食を考え始めたら、赤ちゃんに見せても大丈夫と思える食事マナーを心がけましょう。やがてママの真似をして、離乳食前に手洗いしたり、座って食べることを覚えます。親子で一緒に、はじめての離乳食を進めてください。

離乳食につまずいても、一生卒乳できなかったり離乳食が終わらないわけではないので、焦らずに何度もリセットしてやり直しても大丈夫です。ママが笑顔で接することで、離乳食が楽しいものだと伝えていきたいですね。