離乳食の便利グッズ

離乳食は、離乳初期から離乳完了まで1年ほどかかることもあり、専用の調理グッズを用意すると便利です。特に大人の食事と違って、赤ちゃんの離乳食は月齢や段階によって大きさも柔らかさも違います。

離乳食を作る時に、身近なアイテムが便利グッズになることを覚えておくと、毎日の調理も楽になり、離乳食メニューのアレンジも広がります。

浅い小鍋

離乳食を作る時に大きなお鍋を使用する必要はありません。特に離乳初期と中期は、量少なめで食べることを控えたい食材も多いので、大人とは別に作ることもあります。

赤ちゃんの消化気管は未発達なので、食材に火を通すことは大切です。でも、まだ油は控えておきたいので煮る調理法が活躍します。離乳食を作るだけならば、浅い小鍋で十分作ることができます。

キッチンばさみ

離乳食は具を入れる時も、細かく小さくすることが基本です。離乳完了気になると、しっかりかめる食材もありますが、歯が生えるまでは歯茎のかむ力しかありません。

離乳食の食材を少量細かく刻みたい時や、少しだけ使いたい時はキッチンばさみが便利です。使用前と使用後は汚れを洗い流し、熱湯で消毒してから水分をふき取ります。包丁とまな板を消毒殺菌するよりも、簡単で手間がかからない点も魅力です。

調理前の食材だけではなく、食事中に麺類を短くして食べやすい長さに変えることもできます。肉類を調理する時も、筋や脂肪の部分をダイレクトに取り除くことができます。

丸キッチンばさみ

ジップロックやビニールの小袋

離乳食が固形物で食べることのできない時や、野菜をつぶしてマッシュにしたい時はジップロックやビニール袋があると便利です。袋の口を締めて、上から手のひらや麺棒などで叩いてつぶすと簡単です。

他にも野菜や食材を少量ずつ使用する時は、そのまま冷蔵庫に入れるよりもジップロックやビニール袋に入れて保管した方が衛生的で長持ちします。

離乳食で使うコーンフレークはボウルの中でつぶすと細かなフレークが飛び散りやすかったり、バナナをつぶす時にすり鉢を使用すると臭いがなかなかとれません。そんな時はビニール袋で簡単に代用できて便利です。ただし、使用する袋は清潔なものを選びましょう。

丸ジップロック

すりおろし器

離乳食では、固形の食材をつぶさずにすりおろして調理することがあります。冷凍のままなら、ささみやほうれん草、小松菜、食パンも簡単にすりおろすことができます。柔らかくて細かくできないときは冷凍してすりおろすことは勿論、果汁を作る時もすりおろし器は便利です。

特に食パンは、とろみをつける役割もあります。前もって冷凍させておいて、すりおろして使うと便利です。食パン1枚を4等分にしてから冷凍すると、無駄なくすりおろすことができます。同じように生のじゃが芋をすりおろして煮ると、とろみがつきます。

離乳食や果汁を作るために果物をすりおろしたい時は、酸化防止を考えて、金物のすりおろし器は避けます。果物にはプラスティックやセラミック製のすりおろし器が便利です。使用後は毎回洗って、熱湯につけて清潔にしましょう。

丸すりおろし器

ピーラー

離乳食作りでは野菜もよく加熱してからが基本です。じゃが芋や人参は細かく刻むこともできますが、ピーラーで薄くしてしまえば、ゆで時間も短縮するし赤ちゃんの口に合う薄さになります。特にゴックン期やモグモグ期は煮込んで柔らかくする離乳食がメインなので、人参やカブをピーラーで薄くすると時間節約になります。

ピーラーは使用前後で良く洗い、熱湯で消毒します。金具の付け根にピーラーでむいた野菜のカスが付きやすいので、毎回洗った方が安心です。

すり鉢

ゴックン期やモグモグ期は、特に繊維や筋が残らないように調理します。すり鉢でペースト状にすると簡単です。すり鉢なら繊維質や筋も残らないので、その都度、食べさせたい分だけ調理できます。

マッシャー

マッシャーは、すり鉢よりも量の多い食材をつぶす時に便利です。マッシャーは、ポテトサラダを作る時にじゃが芋をつぶすキッチン用品です。

マッシャーは離乳食では、じゃが芋だけではなく、カボチャやバナナにも使用できます。作り置きして冷凍する時は、1度につぶす量の多いマッシャーが便利です。穴に食材が残るので、使用後はよく洗って熱湯で消毒します。


離乳食のスプーン

離乳食のゴックン期やモグモグ期は、特に柔らかいペースト状のメニューが多く、ほとんどがスプーンで与えます。大人のスプーンだと赤ちゃんの口には大きすぎて、上手に離乳食を舌の乗せることができないこともあります。

離乳食時適したスプーンは、赤ちゃんの口のサイズに合わせたスプーンです。そして離乳食はスープ状やペースト状が多いので、あまり大きいスプーンでは赤ちゃんの口に入れ過ぎてしまいがちです。赤ちゃんは消化器官も未発達なので、少量ずつ口に入れる方が食べやすいのです。

離乳食用のスプーンは、様々な素材で作られています。プラスティックで色の付いているスプーンは、赤ちゃんの興味を引きます。自然素材で作られたスプーンは赤ちゃんの口に入れるものとして安全です。シリコン樹脂で作られたスプーンは柔らかいので、赤ちゃんの歯茎にあたっても傷つけません。

離乳食用のスプーンは柄の短いデザインが便利です。モグモグ期を過ぎると自分でスプーンを持って、食べようとします。赤ちゃんの小さな手で握りやすく、口に入り過ぎないように柄の短いデザインを選びます。ママが食べさせる時は並行に食べさせやすいスプーンが適しています。

丸離乳食 スプーン

離乳食の食器

離乳食に使用する食器は、万が一、赤ちゃんの近くで落としても破片が飛び散らないタイプが安全です。お皿の底に滑り止めや吸盤の付いているタイプも、赤ちゃんが1人で食べるようになってからも活躍するので便利です。