双子の出産祝い

双子の出産祝いは、当然ですが赤ちゃん2人の出産のお祝いです。通常は1人分のおもちゃや洋服を贈るものですが、双子の赤ちゃんには1人ずつに贈る場合と2人で使用できるものを1つ贈る場合があります。

双子の出産祝いの予算設定

家族や親せきに贈る双子の出産祝いの予算設定は、だいたい1人あたりの予算の1.5~2倍です。双子とはいえ、お祝いは1人の時と同じで1~2万、それが2人分ですから2~4万の予算を考えます。

ただし双子用のベビーカーなど予算設定しにくい贈りものもあるので、先に欲しがっているものをリサーチしておくと候補が絞りやすくなります。

双子の出産祝いの品物

商品;おむつケーキ

双子の赤ちゃんに贈る出産祝いは、単純に赤ちゃん2人へ1つずつ贈る場合と、ベビーカー等に見られる双子向けに作られたベビーグッズを1つ贈る場合があります。また、お世話する側にとっては、おむつの使用量も倍です。毎日使う日用品も喜ばれています。

・ベビー服。
・おもちゃ類。
・ベビー布団やタオル。
・お宮参りの衣装やケープ。

これらは全て2人分、同じものか色違いで選ぶと相手も使いやすく喜ばれます。同じ予算とはいえ、見た目が派手なデザインと落ち着いたデザインなど両極端なデザインの洋服を選ぶと、どちらを着せるか迷うこともあります。予算だけでなく、見た目の印象にも差を作らない方が良いです

赤ちゃんに共通して言えることですが、ベビー服は着脱しやすく家庭で洗濯できるものが普段使いに喜ばれています。特に双子やそれ以上の赤ちゃんは1度にお世話することが大変なので、スナップ留めなど、お世話する側が楽にできるベビー服は重宝されます。

・ベビーカー。
・抱っこひもやスリング。
・ベビーベッド等の家具類。

ベビーカーは双子用に縦に並んで座るタイプと、横に並んで座るタイプがあります。しかし歩行者や通行できる道のせまい地域では、1人ずつ乗せて移動する方が小回りがききます。もしもベビーカーを候補に挙げているならば、実際にベビーカーを押す赤ちゃんのママに希望を聞くと確実です。

抱っこひもやスリングは、2人分必要なのか、それとも泣きやまない時だけ一時的に使用するのかによります。双子用のベビーカーだと幅があって移動しずらいという時は1人をベビーカー、もう1人をスリングや抱っこひもで抱えて移動することもできます。

・おむつや哺乳瓶といった日用品。
・ベビーグッズを扱う店の商品券。
・図書カードやおもちゃカード。
・ベビーアルバムのお仕立券。
・マザーバッグ。

おむつ等の日用品や、商品券も喜ばれます。おむつは双子を連れて買いに行くのは大変なことです。まとめてプレゼントするとママの育児の手助けになります。

ただ、家族や親しい友人以外の目上の方や上司の出産祝いとしては、少しカジュアルすぎる贈りものだと思われるかもしれません。そんな時は、おむつを円状に束ねてリボン等でラッピングした、おむつケーキが出産祝いに喜ばれます。そのままベビーベッドの傍に飾れる可愛さで、赤ちゃんならではのプレゼントとして人気です。

双子の出産祝いの注意点

双子の赤ちゃんに贈る出産祝いは、贈り物の数に気を付けましょう。双子だからと2つ一緒にラッピングしたら、偶数は割れる数なので、あまり縁起がよくないと感じる人もいるのです。例えば、出産祝いにベビースタイを贈る時は、一緒に贈るものですが別々の包装にする配慮を忘れずに。

気になる時は小さな焼き菓子や、ママへの贈り物を添えて3つになるようにしてみましょう。また、双子の出産はママの体力も消耗が激しく、その後の育児も2人分です。出産祝いを手渡しする際は、長時間の長居は避けて休む時間を作ってあげましょう。

もちろん、母子ともに健康な状態なのか確認してからお祝いの言葉を伝えます。双子の赤ちゃんの場合、出産が普通分娩ではなかったり入院日数が変更されることもあります。