出産祝いの祝儀袋

出産祝いのご祝儀は、祝儀袋に入れて渡すのが一般的です。しかし出産祝いは赤ちゃんのお祝事なので、大人よりも可愛いデザインが沢山あります。男の子用や女の子向けのご祝儀袋など、出産祝いにはキャラクターや模様で明るいご祝儀袋が特徴です。

祝儀袋は熨斗袋(せんとぶくろ)とも呼ばれます。

出産祝いの祝儀袋の選び方

出産祝いとしてご祝儀を包む際は、紅白の蝶結びの水引のご祝儀袋を使います。紅白はおめでたい時に使用する色の組み合わせです。

出産祝いの祝儀袋の水引

蝶結びは人生において何度経験しても良いお祝事に使います。たとえば出産や子どものお祝事には蝶結び、結婚式や病気が治った快気祝いは、おめでたいけれども何度も経験することはないという意味で結びきりを使用します。水引は結び方に意味があるので、出産祝いの場合は必ず蝶結びでお祝いしましょう。

蝶結びは程いても何度も結べる、結びきりは1度結んだらほどけないことから繰り返したくないお祝事に使われています。

しかし、最近は一般的な紅白の蝶結び意外にも、赤ちゃんをイメージした祝儀袋が沢山出ています。水引の色もメタリックな紅白や、赤ちゃんを連想させるパステルカラーがあります。袋自体も紙だけでなく、淡い色合いのハンカチになっている祝儀袋もあり、かなり選択肢があります。

蝶結びも変形して、水引のひもの先がカールしていたり、更に蝶結びと合わせて動物や花の水引がついていたりとバリエーションも増えています。友人の出産祝いで堅苦しくならないようにするなら、あえてパステル調の水引で祝儀袋を可愛くしてみましょう。

結び切りを選ばない限り、出産祝いの祝儀袋には細かな制約はつかない流れですが、それでも目上の親族や上司に贈る出産祝いの祝儀袋はきちんとしたデザインを選ぶと安心です。

出産祝いの祝儀袋の色

最近は祝儀袋も白だけではありません。赤ちゃんを連想するようなパステルカラーでも大丈夫です。水引がイラストのキャラクターの祝儀袋も沢山出ています。友人一同など、気軽なお祝いの時は明るい祝儀袋を選んでも良いでしょう。

出産祝いの祝儀袋の表書き

・御祝
・お祝
・祝御安産
・御出産御祝
・ご出産おめでとうございます

表書きは文字の最後に句読点を付けません。

お祝事の祝儀袋は、筆で濃く書きましょう。逆に薄い文字だと悲しい時の不祝儀袋の文字になってしまいます。筆の色が薄いと相手に不快感を与えるかもしれません、濃い文字で書くように心がけましょう。

当り前ですが、殴り書きや漢字の略式書きは失礼に当たります。赤ちゃんへのお祝の気持ちと、健康に育つよう願いを込めてていねいに書くことで、表書きもいっそう綺麗に仕上がります。

出産祝いの祝儀袋ののし袋

出産祝いの祝儀袋は直接金銭を入れるタイプと、もう1つ中に封筒や半紙ののし袋が入っているタイプがあります。

直接包む場合はそのまま封をします。祝儀袋の中に包みや半紙がある場合はその中に金銭を入れます。祝儀袋が封筒タイプではなく、折るタイプの場合は下側を上側に被せるように包むのがお祝いごとの包み方です。

祝儀袋のお札の向き

よくお葬式や悲しい時の不祝儀袋に入れるお札は、新札ではない方が良いと聞きます。これは良くない出来事を想定して新札を用意していたと思われないように、等様々な理由や地域の決まりごとがあります。

出産祝いの祝儀袋のお札の向きですが、一般的にはお祝事の場合、お札の表側が祝儀袋の表側になるように入れます。出産はお祝事なので新札が好ましいです。