兄弟の出産祝い

身内で赤ちゃんが誕生した場合は、あまり期間を開けずに早めにお祝いを考えましょう。知っていたのにお宮参りの時期になってもお祝いを贈らなかったとなると、兄弟といえども失礼に当たります。もしも出産予定をあらかじめ知っていたら、大体の贈りものの検討をつけておくと慌てません。

兄弟の出産祝いの相場

自分の兄弟に贈る出産祝いの金額の相場は、各家庭によって差はあるものの1万円が相場だと考えましょう。しかし、気心の知れた兄弟ならば欲しいものをあらかじめ聞いておくこともあります。その際は、ある程度足がでても問題はありません。

兄弟と言っても、自分が年上に当たる場合は2万程度のお祝いも考えます。しかし出産したのが兄や姉で、自分が未だ学生の場合は、相場や平均にこだわることはありません。自分の贈ることのできる金額で心をこめましょう。心配な場合は両親や、他の身内に相談しておきます。

自身も社会人で、出産した身内にお世話になっている場合やどうしても贈りたいものが決まっている場合は平均相場を上回って贈ることもあります。その際は、相手側が金額に驚いて受け取りにくくならないように先に一言伝えておくことも考えます。

お付き合いのマナー

ただし、贈る相手が以前、自分の出産時にお祝いを用意してくれていた場合は同等の出産祝いをしてあげましょう。お互い結婚して子どもがいる場合は、互いに贈る時も贈られる時も同じような金額設定をします。

例えば先に出産祝いで1万円相当のお祝いをいただいた場合、その後に相手が出産した時には同じように1万円相当の出産祝いを贈ります。

他の兄弟姉妹で一緒に出産祝いを贈る場合は、それぞれが成人して働いている場合はベビーカー等の少し高額の出産祝いを贈ることもできます。

1万円相当の出産祝いをいただいたのに5万円相当の出産祝いを贈ったら、相手は受け取る際に戸惑ってしまうかもしれません。そのためにも、自分が贈った出産祝いやいただいたプレゼントは記録しておくと便利です。

兄弟の出産祝いの品物

・・・ベビーリングや仕立券

・ベビー服。
・マザーバッグ。
・おもちゃ類。
・ベビー布団やタオル。
・お宮参りの衣装やケープ。
・おむつや哺乳瓶といった日用品。

・ベビーカー。
・ベビーベッド等の家具類。
・ベビーアルバムのお仕立券。

・抱っこひもやスリング。
・ベビーグッズを扱う店の商品券。
・図書カードやおもちゃカード。

現金以外にも、様々なプレゼントが選ばれています。特に、ベビー用品やマザーバッグは育児が始まらないと購入しないものなので出産祝いには適しています。値段もピンキリなので予算や好みで選ぶ楽しさもあります。

最近では女性向けファッションブランドから、ベビー服や哺乳瓶のラインナップが増えています。自分ではなかなか買うまでに至らない、育児用品というよりもファッション性の高いプレゼントもあります。

兄弟の出産祝いに贈るものは、ベビー服やおもちゃ、ベビーカーなど実用的なものが多く選ばれています。特に出産するママ側の兄弟姉妹からは、ママからのリクエストでベビー用品が贈られることが多く見られます。

ママにとっても、自分の身内には欲しいものや使いたいグッズを話しやすいので、購入前にリクエストを聞いてみたり、候補の中から選んでもらうとハズレやだぶりが無く、確実に喜ばれます。

親しい身内なら、誕生石やイニシャルの入ったベビーリングもお勧めです。大きくなったらペンダントトップとしても使えるので長く大切にする贈りものになります。

出産祝いが決まらない時

・・・カタログギフト

出産祝いが決まらない時は、身内ですから直接希望を聞いてリストアップして決めることもできます。選ぶ楽しみは減りますが、出産祝いにギフトカタログを贈る人も増えています。

ママが自宅にいながら、カタログから好きな商品を選ぶことができるので、出産間もなく外出もできないママにとっては気分転換にもなります。選んだ商品は、指定の住所まで配送されるので新生児を育てる家庭には便利です。本人が選ぶので欲しいものが贈れるという利点もあります。

カタログ内容はメーカーによって食品から衣類、アクセサリー、レジャーグッズ、ベビーグッズなど様々な商品が選択対象になっています。相手には分かりませんが、カタログ内容で値段も違うので、予算に合わせたカタログを選びましょう。

兄弟の出産祝いを渡す時期

兄弟は身近な近親者なので、母子ともに無事に出産したことが確認できたら、なるべく早めに出産祝いを考えます。あまりのんびりしていると、生後1ヶ月にはお宮参りなどのイベントが次々と控えています。生後1ヶ月以内には出産祝いの贈り物を選ぶように心がけます。

現金を包む場合は、直接赤ちゃんに会う際に持参します。出産祝いは、遠方で無い限りは自分で渡してお祝いの気持ちを伝える方が、今後のお付き合いもより良くなるでしょう。

兄弟の出産祝いの注意点

親しき仲にも礼儀ありという言葉を忘れずに、普段は曖昧にしていることも出産の時はきちんとお祝いすることが大切です。

お互いに家庭を持っている時は、先に贈った側の金額設定で、相手もいつか同じ立場になった時に贈り物を考えます。その時の気分で決めるよりは、相手側が驚かない予算設定を考えてみましょう。