乾いたおしりふき復活方法

買いだめで時間がたったり密閉されずに水分が減ったおしりふきの、簡単な復活方法を紹介します。使えないときは掃除にも活用できるので、無駄なく使いきりたいですね。

おしりふきが乾く原因

赤ちゃん赤ちゃんのおしりふきが乾いてしまうのは乾燥が原因です。おしりふきは水分を逃さないよう密閉性が高く、遮光性のある袋に入っています。だからママが開封するまで水分が保持されているのです。

おしりふきの袋を開封したあとは、取り出し口の粘着テープにフタ部分を合わせますが、赤ちゃんはおむつ交換中も寝返りしたり足をばたつかせたりと元気なので、慌てて交換しておしりふきのフタに隙間ができることも。そこから水分が逃げだして、しっとり感が減ります。

陽ざしの強い場所に置きっぱなしにしたり、保管方法によっては徐々に乾燥し始めることもあります。開封後もしっかり密閉することが重要です。

水分を補充する

おしりふきの水分は、しっかり染み込んでいるから軽い力でも汚れが落ちます。まずは袋の下のほうにも指を入れて、底のほうまで乾燥しているか確認してみましょう。ゴワゴワしているようなら水分が逃げています。1日に使う分を取り出して、水分を復活させましょう。

おしりふきを全体が浸るようなサイズのタッパーに入れます。ぬるま湯を入れて浸しておきます。赤ちゃん用の保湿ローションを数滴加えるとしっとり感アップ。大人用は成分が違うので、赤ちゃん用のローションが安心です。オイルは水と分離してしまいます。

おしりふきが水分を吸い込んだら補充完了です。家庭ではそのまま、1日必要なときだけタッパーのフタを開けて取り出してください。雑菌の侵入や繁殖を防ぐためにも、ママの手指を清潔にして行いましょう。

おしりふきウォーマーと併用

寒い季節は、せっかくおしりふきの水分を復活させても冷たいと、赤ちゃんがビックリします。湿らせたおしりふきをウォーマーに入れておけば、温かい温度が保てます。

おしりふきのメーカーによっては温めることで、またすぐに水分がとんでしまう商品もあるようです。この場合、ゴワゴワして肌触りが悪くなるので温めて再利用は不向きです。

もしもウォーマーで乾くようならタッパーに入れ、電子レンジで少々温めます。使うときは内側が熱くなっているので、必ず広げて温度を確認します。この方法はおむつ交換のたびに温めることが面倒ですが、ウォーマーが合わないときに試してください。

お出かけ時はジップロック

水分を復活させたおしりふき、お出かけ時にタッパーは邪魔なのでジップロックなど開閉口がしっかり閉まるものがおすすめです。開閉口に空気が入りにくいタイプが、漏れにくいようです。

湿らせたおしりふきは何日ももちません。時間がたつたびに雑菌の繁殖も気になるので、あくまでも短時間のお出かけで使用してください。

復活しないおしりふきを再利用

どんなに水分に浸しても、思うように水分を吸わないおしりふきもあります。そんなときは捨てる前に別の使いかたも考えてみましょう。

シャワーと併用

新生児は、おしりふきを復活させるときの雑菌も心配なのでシャワーやスプレーボトルで汚れを流してから拭きとることをおすすめします。そのときは、おしりに水分があるので乾いたおしりふきも使うことができます。

うんち拭きの下敷き

赤ちゃんがうんちをしたときは、おむつ交換が大変です。寝返りや足をばたつかせるので、どんどんおしりの位置が動いてしまうのです。乾いたおしりふきを、汚れた部分に敷いて肌着や新しいおむつが汚れないようにしましょう。

0歳の赤ちゃんのおむつ交換で実際に使ってみました。寝返りをしようとするので、おしりを拭き終わらないうちに体がずれていきます。乾いたおしりふきを背中にかけてさしこみ、拭き取れていないうんちが肌着につかないようにしました。

キッチン掃除

おしりふきは吸水性があるので、キッチンの油汚れにも効果的です。油やこぼれてしまった調味料を拭くときに使ってみてください。実際に使ってみましたが、破れにくいので割りばしに巻いて隙間の油汚れを取り除きました。ベビーカーも拭きやすいです。

おもちゃ掃除

おもちゃは赤ちゃんの皮脂や、よだれで雑菌が繁殖したり湿った部分にホコリがついてしまいます。おしりふきの水分が保持できないようなら、濡らしてすぐにおもちゃ掃除に使ってみましょう。実際に、よだれでベタベタのおもちゃを拭いてみました。撥水加工の絵本の表面も軽くふきました。厚手のおしりふきは掃除しやすいです。

おしりふきの乾燥予防

おしりふきの乾燥予防には、容器のフタをしっかり閉めることが1番です。別売りの専用フタを取り付けたほうが、取り出しやすく保湿も続きます。袋のまま使わずに、専用ケースに入れるのもおすすめです。