新生児の汗

新生児の発汗量

新生児の肌は大人に比べて面積がかなり狭いものの、発汗量は大人とさほど変わらないと言われています。しかも、同じ皮膚面積で発汗量を比べるとしたら、新生児は大人の2倍以上の発汗量があるそうです。

赤ちゃんの汗

新生児の間は、ほとんど抱っことねんねで過ごす為、背中や汗をかきやすいわりに動きが少ない傾向にあります。お昼寝から覚めた赤ちゃんの背中がびっしょりになってしまうこともあります。

発汗において大人と少し違う点は、授乳やねんね、おむつ替えと言った基本的な動作だけで発汗してしまうことです。授乳をした後、ふと新生児を抱いていた腕を見たらびっしょりになっていたり、おむつ替えの時に肌着が汗で湿っていることも珍しくありません。

新生児の汗トラブル

新生児は発汗量は多いものの、汗の通り道の汗腺は発達途中です。沢山の汗が皮膚表面に出ようとしても、通り道が未熟な為、新生児の肌トラブルは絶えません。

汗腺が詰まってしまうと、大人で言うとニキビや吹き出物ができやすい状態になります。新生児の場合は、あせもや新生児ニキビができます。新生児は吹き出物に気が付きませんが、よだれが多いと口周りの吹き出物は治りにくく、更にまた汗をかくので完治には手助けが必要です。

新生児の汗による肌トラブルは、放っておくと一気に広がることがあるので、汗を沢山書いている時の肌トラブルに気が付いた時は、肌を清潔にして医師に相談してみましょう。

関連:あせも
関連:新生児ニキビ

新生児の汗取りパッド

汗取りパッド新生児は泣き声も弱く、意思表示が上手にできない時があります。新陳代謝が早い為、大人よりも汗をかくスピードも速く、すぐに肌着が湿ってしまいます。

ところが体温調節は上手にできないので、自分のかいた汗によって湿った肌着が長時間肌に当たることで。今度は肌表面の熱が奪われてしまいます。

この悪循環を予防するには、汗をかいたらすぐに清潔な肌着に着替えて、汗を放置しないことです。背中の汗には、ガーゼや市販の汗取りパッドが役立ちます。

新生児を寝かせてあげる時に背中と肌着の間、にガーゼや汗取りパッドを差し込んでおきます。汗をかいたら、差し込んだガーゼや汗取りパッドを引き抜けば良いので、外出時や、すぐに肌着を交換できない時は便利です。

汗取りパッドは首元からつまむ部分を出して差し込むだけのので、面倒なボタンやピンも必要なく、紐やリボンも無いので新生児には安全なアイテムです。

素材はガーゼを始め、綿やパイルと汗を吸い取りやすい素材が使われています。洗濯も簡単なので、何枚か揃えておけば毎日汗をかいた時にすぐ交換できます。

汗取りパッドは夏のイメージがありますが、新生児は冬でも汗をかきます。夏の蒸し暑さからくる汗はもちろん、冬の暖房や人混みによる汗にも対応できます。